2016年4月19日

いずも in 小樽


道内の陸自の熊本地震災害派遣部隊輸送のために「いずも」が小樽に入港したので撮った。





画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


昨年就役したばかりの現時点における海上自衛隊最大の艦「いずも」を いつかは北海道のどこかの港で見たいと願っていた。


だから、今回見る事が出来たのは正直言って嬉しい反面 災害派遣対応による寄港である事は素直に喜べない


あ、誤解の無いように付記しておくが 私は被災地に自衛隊を送るな、、、とか、迷彩服で市街地で活動するな、、、とか、炊き出しの飯をスコップで掻き混ぜるな、、、等々といった理由をさも正論と掲げるような小賢しいクソバカヤロウ達と同じベクトルで「喜べない」のでは無い。


いくら私が日頃から「自衛隊は家族も同然」と公言し マニア的にも自衛隊歓迎の気持ちがあっても 被災地救援という事態が生じてしまった中では「楽しむ」なんて気持ちにはなれないのが残念でならない...という意味なのである。


この日、いずもに積載された陸自の車両や隊員の数は あえてそれを写した写真を掲示しないので判りにくいとは思うけど それが相当の数だった事と、その積載を短時間で終えた手際の良さを眺めた時 この艦を建造・就役させる為の費用や意義に色々と難癖をつけていた左系の連中はいたけれども 私は今回の出動だけで充分に元を取り、意義があったとさえ思え、「いずも」や建造中の同型艦「かが」の他にさらに数隻保有すべきとさえ感じている。


コメントする

『海上自衛隊』関連の記事