2015年12月29日

掃海艇「ながしま」「ゆげしま」


たまたま撮ったので貼っておく





画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^




海上自衛隊の掃海艇を間近で見る度に思うのは 20数年前に湾岸戦争後のペルシャ湾に掃海派遣された事。


この写真に写る二隻の「うわじま」型掃海艇は派遣の数年後に就役したもので、実際に派遣された掃海艇は既に退役しているが、船の大きさを測る基準でもある排水量は100トン程しか違わず、まぁ規模としてはそんなに変わらない


だから、より実感できるのだ


「よく、この大きさの船でペルシャ湾まで行って帰ってきたものだ」


と。


たぶん、海上自衛官にそう言うと


「海上自衛隊ですからね 行けと命令が下れば行きますよ」


と、笑顔の返事が目に浮かぶ


でもね、間近で見れば実感出来るのは 例えば、サケマス漁やマグロ漁など遠洋航海前提の漁船なんかの方がこれらの掃海艇よりもはるかに大きいにも関わらず それでも外洋の荒波には危険や苦労が絶えないと聞くので、いくら掃海母艦が同行しての航海とは言っても乗組員達の労苦は計り知れなかったよな...と。


コメントする

『海上自衛隊』関連の記事