2014年12月19日

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 使ってみた


新型「100-400」を入手したので早速試してみた。




Canonユーザーのはしくれとして 私が飛行機撮影や鳥の撮影をする時に愛用しているのが いわゆる100-400と呼ばれるズームレンズなのだが、ようやく後継機が今日発売されたので早速、入手して千歳に試し撮りに行ってきた。


で、とりあえず無調整で7Dに組み込んで使った感想としては


これまでの100-400と比較して...


・レンズの総重量が増したのでズッシリ感がある


・ズームの直進式が回転式になった事の違いに関しては 私個人としてはそんなに違和感は無い 

 というか、雨や雪の中での撮影が少なくなく、肩にぶら下げて森の中を移動したりする機会の多い身としては 防塵防滴効果が増す事と、肩からぶら下げた時に自重でカツンとズームが伸びた時のショックによる破損の可能性が減る事を考えれば こちらの方が望ましいとも。


・ただし、レンズの重心がレンズ側に寄った感があり、撮影しようと構えた時のバランスが違う事 特に、フォーカスリングの位置がボデイ寄りになったので 手振りで撮りながらマニュアルフォーカスしづらくなった事が今回の最大のデメリットに感じており、レンズとボデイの接合部の強度がもしも前作と変わらないのであればヘタリ・ガタつきやすくなるんじゃないかと心配


・オートフォーカスの作動時間は前作と然程違う様には感じなかった


・IS(モード2の時)がシャッター半押しで作動した時の動作を前作が「カクン」と例えると、それに対して「ジワン」って感じだが、作動してからは前作と比べて流し撮りの際の安定感は増した


・前作に比べて画質が見るからに向上している


というわけで、とりあえず試し撮りした画像を以下に貼っておく(ボディは7D)


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


ピント調整をしていないので 年末年始の期間にまったりと楽しもうと思っている。


コメントする

『撮影メモ』関連の記事