2013年8月30日

射爆 2013夏(その2)


射爆ならではの撮れる写真がある。




射爆における機動の最大の特徴は 標的に対してある程度の高度で旋回しながらコースに入り、最終的にはストレートに標的に対してダイブするのだが、そのダイブの直前にパイロットは機体を背面近くまで捻って標的を確認する。


つまり、普段では撮れない角度と光のあたり方をした機体を撮影出来るのだ。


しかも、時間帯によっては機体よりも低い位置に太陽があるから 基地周辺では殆ど撮れない写り方になるんだな。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


コメントする

『イベント』関連の記事