2013年7月 7日

エゾユキウサギ


ようやく撮ったので貼っておく。




かねてより、千歳基地に集って自衛隊機を撮影している常連達の間で 飛行機が飛んでいない時間帯の暇つぶしに 周辺で鳥や野生動物を撮る人が少なくないのだが、そんな人達の間で そうそう簡単には撮影出来ないんだけど、間違って撮れちゃった…みたいな生物がいくつかあり、いつかは俺も…と密かに狙っているものがある。


それは、一昔前までは「エゾシカ」とか「アライグマ」だったのだが 皆が狙い始めると案外、撮れた人が増え 昨今のターゲットとしては「クマゲラ」「エゾモモンガ」など


で、今回のウサギも撮影に成功した人が数人おり 「いつかは撮りたいリスト」の上位にランクインしていたんだな


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


聞いた話なので嘘か本当か判らないが、日本全国に生息している野生のウサギは 大きく3つに分類され よく野生のウサギを「ノウサギ」と称するが 北海道に生息するウサギは「エゾユキウサギ」 本州以南が「ニホンノウサギ」 奄美大島と徳之島だけは「アマミノクロウサギ」なのだそうな


で、「ニホンノウサギ」と「エゾユキウサギ」の違いは エゾユキウサギの方が耳が短く身体は一回り乃至二回り大きいとの事。


ちなみに、上に貼ったウサギは比較対象物が無いので判り難いと思うけど 一般的なサイズより「大きい」と感じられるネコよりもはるかに大きかった。


コメントする

『鳥・動物』関連の記事