2012年6月15日

北海道神宮例祭(札幌まつり)2012年


高校生の頃から付き合いのあるテキ屋が今年いっぱいで引退し 札幌まつりに来るのも今回が最後と聞いて行ってきた。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


他の記事を御一読頂いている方なら御承知の事と思うが、私は札幌まつり、そう中島公園の露天とは色々と関わりがある。


が、個人的事情(ドクターストップ)でここしばらくは露店巡りは控えてきたが 私が高校生の頃から付き合いのある露天商が 年齢と持病が相俟って今年で引退なのだという


まぁ、私も似た様なもんだから相哀れむわけでもないが 彼の最後のヤキソバを屋台で味わおうと思い出かけたわけだ


で、本来なら記事はこの辺で終わるはずだったんだけど ふと、ひとつだけに目に付いたというか気になったので記しておくと…


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


オバケ屋敷と並んで立っていた小屋、呼び込みのアナウンスからも「見世物小屋」だと言うのだが…


昔ながらの「大イタチ」とか「蛇女」とか「猫娘」…といった表現が全くない。


「生の迫力で魅せる女達のからくり小屋」


そんな看板に「なんだそれ?」と興味が沸いた。


悲しいかな、私は不特定多数と密集した空間に行く事こそ駄目とロクデモナイ主治医から厳命されているので中に入って見るわけにはいかないのが残念だったが…


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


小屋の横に飾られた写真や


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


入り口横でガムを噛んでいた人物を見て 見世物小屋の内容も時代と共に変わったんだなぁ…と痛感した。


コメントする

『札幌』関連の記事