2011年7月31日

302飛行隊 射撃訓練(その2)


先にお断りしておくが、この記事の写真は私が撮影したものでは無い。




今回は訓練弾を用いた爆撃訓練編


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真は天候不良で射爆をせずに帰投した機体を下から写したもの


機体の右翼に白いMk82無誘導爆弾を模したポッドが付けられ その中にオレンジ色の訓練弾(これを千歳のマニア達は”赤ナス”と呼んでいる)が4発セットされているのが判ると思う。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真②は爆撃場を撮ったもの 中央のサークルの中心が標的


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


爆撃ルートにのる際、一度右か左に機体を90度捻って パイロットはターゲットを確認するそうで…


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


投下された赤ナスを鮮明にするには、400mmのレンズではトリミングしてもこのくらいが限界




この赤ナス(訓練弾)は良く出来ていて 地上に激突するとポッと炎をあげ、白い煙の固まりを発生させるので 何処に落ちたのかを容易に判定出来るんだな


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


見事、ど真ん中




さてさて… 前回の20mmの射撃に関して K君の友人「葵笑劇」さんが別の場所で撮った録画があるという事で 射撃音を聞いて貰ういいチャンスと考え 特別にお許しを頂いたので貼らせていただこうと思う。



着弾の土煙の後に 数秒遅れて「ブブブブブ」と聞こえてくるのが発射音


コメントする

『F-4戦闘機』関連の記事