2011年1月19日

ちょっと珍しい機体(AIR DO B737-500 JA300K)


たまたま撮れたので貼っておく。




まず、


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

AIR DO B737-500 JA8404


上の写真の塗装が いわゆるAIR DOの基本塗装。


で、今回 問題なのは


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

AIR DO B737-500 JA300K


①と②を見比べると 垂直尾翼の方向舵(ラダー)の色が濃い青になっており、レドーム(機首)も下半分がグレー


ちなみに、

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

ANA B737-500 JA353K


上の写真③はANAが使用している同型機


聞いた話によると昨年の12月10日に新千歳から富山に向かっていて落雷に遭った機体が②の機体だそうで、破損した部品をANAの機体のものと交換した為に こんな状態の様だ。


ちなみに、レドームもこの時に やはりANAの機体の物に交換された…という情報があるようだが、真偽は不明


というのも


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

AIR DO B737-500 JA8504


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

AIR DO B737-500 JA8595


上の④⑤の様に 下半分がグレーの機体は他にもある。

(②④⑤は同じ日に撮影したもの)


で、念のために付記しておくとAIR DOha過去の経緯から共同運行など実質的にANAの傘下同様であり、AIR DOが使用している6機のB737-500は総てANA所有機のサブリースであり、中には元々エアーニッポンが運行していた機体も含まれている。


そういった関係から部品のやり繰りが2社間で行われても不思議な話では無いんだな。


コメントする

『民間機』関連の記事