2010年12月17日

キレンジャク


たまたま撮れたので貼っておく。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


日本国内で「レンジャク」と呼ばれる鳥には主に大きく分けて2種類あり その違いをザックリと語れば、ほとんど外見は同じなのだが尾の先端が赤いのを「ヒレンジャク」 そして上の写真のように尾の先端が黄色いのを「キレンジャク」と呼び分ける


聞いた話によると西日本では「ヒレンジャク」が 東日本では「キレンジャク」をよく見かけられるらしい。


ちなみに、この鳥も渡り鳥で北海道では冬の初めと終わりの時期ぐらいしか見かける事が出来にくい。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


大きさはスズメをひとまわり大きくしたぐらいのサイズ


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


歌舞伎役者のくまどりみたいな顔の鳥が群れて木にとまっている様は壮観だ。


コメントする

『鳥・動物』関連の記事