2010年11月15日

丘珠空港で見た虹(11月12日)


ちょっと撮りたいモノがあって丘珠空港に行ったのだが…




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^




丘珠空港の展望フロアで そぼ降る雨の中、お目当てが来るのを待ちながら たまたま目の当たりにした虹を撮ってみた。


で、虹を撮っていたら 何故だか判らないのだが、古い昔の歌謡曲を思い出し口ずさんでいた。


その曲が



この曲が流行っていた頃、中学生だった私と嫁は 学校の帰り道を一緒に歩いていて とても見事な虹がかかってるのを目の当たりにして しばしの間、二人で見とれた事がある。


虹はやがてスーッと消えてしまい 嫁と私は再び家路へと歩き始めたのだが、その時に何気に ちょうど流行っていたこの曲を私が鼻歌でフンフンと歌い始めると それを聞いた嫁は


「その曲って ちょっと変よね?」


と、言い出した。


「虹が見える…って事は 基本的に降っている雨がスクリーンになって

 太陽の光を反射しているわけで…

 それって、虹の出ている場所と太陽の間に私たちはいるわけよね?

 と言う事は、虹の向こう…って雨が降ってる事になるじゃん

 なのに、”虹の向こうは晴れなのかしら?”って この曲の詞

 なんか白々しくない?」と。


丘珠の展望ラウンジから そんな事を思い出したら、その頃からウチの嫁は現実的だったんだなぁ…と あらためて実感した。


つい先ほど、ここに掲示した写真を嫁に見せて


「なんか、最近 いろんなところで虹ばかり見てるんだよなぁ」


と、私が言うと


「え? 三途の川にも虹ってかかってるの?」


と、真顔で聞き返された。(ToT)


コメントする

『空模様』関連の記事