2009年12月 2日

陸自車両もろもろ


恒例の一般道シリーズ^^




    ・画像をクリックすると大きな画像で見る事が出来ます。


本格的な冬を前に 東千歳駐屯地から演習場へと向かう特科部隊の車両を撮影してみた。


まずは、「75式自走155mmりゅう弾砲」


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^




次に「99式自走155mmりゅう弾砲」


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^







次に「203mm自走りゅう弾砲」


この車両は元々、米軍の「M110A2」という形式で開発されたもので、日本以外の国(例えば韓国)でも使用されている。

専門書の中には この車両を「FH-70」と記載しているものが結構散見するが「FH-70」とは牽引式の155mmりゅう弾砲の名称である。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^







次に千歳市役所の広報では「99式弾薬運搬車」とされているが、「87式砲側弾薬車」


この車両は一見、雪上車の様な外観だが主目的は「203mm自走りゅう弾砲」の弾薬を運搬し速やかに給弾する為の車両


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^




次に「多連装発射機(MLRS)」 この車両も米軍が開発したもので日本以外の国でも使用されている。


画像をクリックしてにght像で見てね。^^


画像をクリックしてにght像で見てね。^^







次に「中型セミトレーラ 2型Bタイプ」に搭載されて移動中の「中型ドーザ」


画像をクリックしてにght像で見てね。^^


画像をクリックしてにght像で見てね。^^


コメントする

『一般道シリーズ』関連の記事