2009年12月11日

F-15のちょっと珍しい写真


マニア向けの写真を貼っておく。^^




    ・画像をクリックすると大きな画像で見る事が出来ます。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真①は 滑走路端で離陸の許可が出るのを待っている状態のF-15


胴体下に取り付けられている白と赤い円柱状のものは 曳航標的、つまりこの機体は「ターゲット」と呼ばれ この機体が上述した標的を飛行しながら曳航し、他の機がそれを目標に射撃訓練を行う。


というわけで、この写真も珍しい範疇に入るのかもしれないけど 今回のお題はそんな事では無く、この写真①はあくまでもサンプルで 注目して欲しいのは機体尾部の排気ノズル。


そう、先日(11月25日) このノズル部分が日本海上空を訓練中に脱落した事故があった事は 知る人ぞ知る話。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^




その後、F-15の全ての機体に対して総点検が行われ 安全確認が出来たとして飛行が再開したわけだが…


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真③④は 先週(12月初旬)に撮影したモノだが 上の写真に写った機体の右側の排気ノズルが新品交換されているのがハッキリ判ると思う。


ちなみに、写真③④に写っている機体(960号機)は11月25日の事故機(809号機)では無い。


おそらくは 点検の結果、大事をとって交換されたんじゃないか?と思われる。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


ちなみに 写真③④が第1ピリオドで離陸する直前の尾部に対して上の写真⑤は 同じ機体が第2ピリオドで離陸する直前の尾部を撮ったもの


つまり、1回のフライトでそれなりに煤けているのが比較で判ると思う。


コメントする

『F-15戦闘機』関連の記事