2009年12月13日

F-15のちょっとマニアックな写真。


撮り溜めた写真の中から…。^^




千歳の滑走路脇に何度も写真を撮りに行っていると 同じ様に写真を撮りに来ている人と何度か顔を合わせるうちに 挨拶から始まって会話を交わす様になった人が何人かいる。


それらの人と話をしていて 人それぞれ、写そうとする写真に対する考え方や思い入れなどが実に様々なんだなと思う。




例えば、


    ・画像をクリックすると大きな画像で見る事が出来ます。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


離陸しようとする機体がエプロン地区から滑走路端までタキシングする姿を マニアは「転がり」と呼ぶ。


「この転がっている時の機体が一番カッコイイ」


そう言って、飛んでる機体よりも熱心に撮影する人がいる。




また、


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


パイロットの顔を撮すのが大好きな人もいる。




かと思えば、


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


機体の全体像を順光でクッキリ撮す事だけに専念している人もいれば…




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


ごく数人ではあるが、パイロットの中にはヘルメットにペインティングを施している者がおり、それを撮る事に熱中しているマニアもいる。




そういった人達を眺めていて 私は?と考えた時… 私にも私なりにいろいろと「~な写真を撮ってみたい」と考えている事もあるけれど


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真⑨⑩は 基本的に203飛行隊(パンダみたいなマーク)のフライトなのだが、この日は何故か201飛行隊(横向きの熊)の機体が1機混じっていた。

あくまでも想像で言えば 何かの事情で201の機体を借りたのだろう…なのだが、こういう光景はなかなか珍しい。


そう、こういう珍しい光景を写真に納めたい… それが私の一番の目的なんだな。^^


コメントする

『F-15戦闘機』関連の記事