2009年9月 4日

オジロワシ(302sq) in 千歳基地♪


千歳にオジロワシ(302sq)が来てると聞かされては 撮りに行かずばなるまいて^^




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


オジロワシ(302sq)とは 現在、百里基地に配属する302飛行隊の事。


この部隊はF-4EJが航空自衛隊に導入されて間もなくの1974年に千歳で新規編成された部隊だが、1985年に新たに導入されたF-15の新編部隊を千歳に置く事と それまで那覇基地でF-104で編成されていた部隊がF-104の退役で部隊解散になる事から 部隊ごと那覇に移転、そして今年の3月に百里の204飛行隊と入れ替わるかたちで再度、部隊移転した経緯を持つが 機体の尾翼に描かれたオジロワシのマークは千歳配備の頃から変わっていない。


つまり1970年代後半の千歳基地を知るオールドファンにとって 千歳基地にオジロワシマークのF-4が離着陸する光景は それだけでノスタルジィを掻き立てられるのだ。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


写真を撮りながら航空無線を聞いていて興味深かったのはコールサインが「ジミー トウバン(決してツーワンでは無い^^)」だった事と 射撃標的を腹に抱いていた事、それと 常に「ハーケン・チェイサー」というコールサインを用いたF-15とペアを組むように離着陸していた事。




ちなみに、オジロワシ(302sq)の


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

T-4も飛来していた事に気づいていた人は そんなに多くないらしい。^^


コメントする

『F-4戦闘機』関連の記事