2009年7月10日

飛行教導隊 in 千歳(その1)


宮崎県の新田原基地をベースにしている飛行教導隊が 千歳に巡回教導に現れた。^^




教導隊が各基地を巡って巡回教導を行うのは年に1回だが、昨年は北海道でサミット開催などがあり、千歳に巡回教導には現れなかったので 2年ぶりの来道。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


飛来したのはF-15が7機と T-4が1機。(上の写真 右から3番目に駐機しているのは203飛行隊の通常塗装のF-15だが、理由は不明だが 今回の訓練中は教導隊が使用している模様)


元来、教導隊の機体はカラフルな塗装で有名だが 実際に、エプロンに駐機している様を眺めると壮観でもある。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

(左の通常塗装895号機は部隊マークで判る通り203飛行隊の機体だが、教導隊が使用していた模様)


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

上の写真⑤の2機(#092と#912)は この日、フライトせず。(ToT)




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


飛行教導隊とは航空自衛隊の中でF-15の腕利きパイロットを集め、飛行戦術の研究を重ねたり巡回教導と称して全国各地に遠征して各飛行隊と戦闘訓練を行う部隊であり、「仮想敵」の役割を担う事からアグレッサー(Aggressor)と呼ばれている。


部隊設立当初は 使用する機体を当時の仮想敵国だったソ連機の塗装を模したものだったが、現在は独特の派手な塗装となり その塗装もわりとちょこちょこと塗り替えられるので撮影マニアとしては 一度は撮っておきたい部隊。


ただ、基本は宮崎県の新田原なので 北海道在住の私としては そうそう簡単にお目にかかれる代物では無く 南国在住のWenさんに機会をみつけて「築城と新田原は 是非、一度は行きたい」と言っていた矢先の来道だけに


「バカヤロウ、こんな時におちおちと入院してるわけにはいかねぇべ」


と、早速 撮りに出かけた次第。^^


コメントする

『レア機体』関連の記事