2009年6月 3日

千歳空港 もろもろ2


最近、千歳空港で撮影した写真の中から珍しい機体や風変わりなものを貼ってみる。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真はスウェーデンのSaab社製 Saab2000


国土交通省航空局の機体で飛行検査機(フライトチェッカー)に使用されている。


航空自衛隊にも 似たような任務に就く為にYS-11FCという機体があり、最初 航空無線で接近を知った時に てっきり、航空自衛隊のYS-11FCだとばかり思っていたのだが 撮った写真を見て「え?」と


調べたところ、この機体は日本には2機しかないらしく 両機とも国土交通省が保有している。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の2枚はノースアメリカン航空のB767 300ER


現時点では保有機が8機の小規模航空会社で 業務内容の多くは米軍のチャーター利用らしいが 何故、千歳にこの機体が降りてきたのかは不明。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

香港エクスプレス航空のB737-800


これまた、現時点で保有機が6機の小規模航空会社だが この機は香港から千歳への観光旅行のチャーターだった模様。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の機体は 航空自衛隊のYS-11EA このタイプは現在2機だけ保有しており そのうちの一機。





画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


航空自衛隊が5機だけ保有するU-4多用途支援機 別名:ガルフストリーム IVとも呼ばれるビジネスジェット機であり、基本的には人員輸送機だが麻生太郎が外相時代や福田前総理が北京オリンピックの開会式に参加時に政府専用機代わりに使用するなど そういう用途も今後は増えるだろう。





画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の機体は 以前に一度、記事を掲示したが エア・ドゥの保有するベア・ドゥと呼ばれる特別塗装機




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真は 千歳基地上空を高速で航過(フライパス)していったF-16


この時の航空無線によると 三沢基地の所属機でハイテンションな大声、しかも笑い声で千歳の管制官に「アイム・ソーリー」と叫んで飛び去ったのが印象的だ。^^




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真は共産党あたりが見たら「ニアミスだ!」と騒ぎそうだが それは違う。


たまたまファインダーの中に収まったのでシャッターを切ってみただけのもの




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真は 旋回しながら降下して着陸体制に入るF-15なのだが 問題は右上に写っているのはF-15ではなくハヤブサだ。^^




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


コメントする

『レア機体』関連の記事