2009年6月21日

ハッピーフライト ヲタ追記(その1)


映画「ハッピーフライト」を観て以来、千歳に飛行機の写真を撮りに行くと つい、目がいってしまう場面がある。




ハッピーフライト

ハッピーフライト

ハッピーフライト

離陸して間もなくの上昇中のジャンボが雲に飛び込んでしまい 後々、ピトー管を凍らせてしまう原因となる。


このシーンを映画で観るまでは なんとも思っていなかったのだが、映画を観て以来 同じ様な状況が目につくと ついつい見入り、挙げ句の果てには 写真に撮ってしまう私がいる。


たとえば、


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

こんな感じで上昇していく旅客機を見ると「今、右旋回すると雲に突っ込むなぁ…」と。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

上の写真③④は そんな私が撮影したANAジャンボが雲に飛び込む前と瞬間の連続写真。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

上の写真⑤⑥は 同じ様に雲に飛び込む姿と似ているが、実は これ、着陸しようと滑走路に進入し 滑走路にはタッチせずに急上昇しつつ左に急旋回している状態で この日は小雨混じりだった事もあって 主翼上にベイパーが発生した状態なのだ。


背景の空が曇天なので紛らわしいのだが、別の機会に撮ったものを貼っておくと


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

上の様に ジャンボのベイパーは両翼の上面に爆発した様な雲が生じるパターンが特徴的なのだ。


コメントする

『』関連の記事