2008年7月27日

大人の修学旅行2 プロローグ


まぁ、聞いて(読んで)やって下さい。^^;



先日の「2008年夏の旅」を終えて札幌に戻った数日後、「二代目開業医」「気の弱い弁護士」「足の裏を10針縫った某国立大学理工学部教授」達が我が家に集まって ジンギスカン・パーティーを開いた時の事。


旅での出来事を肴に話しが盛り上がったわけだが…


「尾道」での話題になった時 場の雲行きが怪しくなった。^^;


というのは…


まず、弁護士が「”転校生”のラストシーン 小林聡美がトラックを追いかける道」に行きたいと言い タクシーの運転手の案内で そこに行った。

尾道

転校生


次に、二代目開業医が「”さびしんぼう”の主人公の家(寺)」に行きたいと言い そこもタクシーの運転手の案内で行って見た。

尾道

尾道

画像


で、私のリクエストは「”ふたり”で 姉が事故に遭う坂道」に行きたいと言い タクシーの運転手が「この坂の上の方」という場所に行った。

尾道

画像


で、先の記事でも述べた事だが 札幌に戻り、「ふたり」のDVDを見直し検証すればするほど 私がリクエストした坂道だけが違う場所に連れて行かれ しかも、それを私がその場で気づけぬまま札幌に戻った事を認めざるを得なかった。


それをね


二代目開業医「ボケたな」


弁護士「知ったかぶりしてたんじゃね?」


教授「オマエも足の裏を切った方がいいんじゃねぇの?」


と、私を馬鹿にした。


それに対して 私も気づけぬまま帰宅した事が悔しくて反論できず、ただ無言でムスッとするのが精一杯だったのだが…


友人達が帰宅した後、やはりムスッとしたままの私に ウチの嫁が…


「ねぇ、アナタ悔しくないの?」


と、聞いた。


「悔しいに決まってんべ」


と、応える私


「だったら行ってきなさいよ」


と、嫁


「え?」


「尾道に もう一回行って きっちり、今度はちゃんと撮り直してきなさいよ」


「ええ?」


「アナタ、本当に耄碌したんじゃないでしょうね?

 アナタは こういう時、”上等だコノヤロウ!”って仕返しに行く人じゃなかったっけ?」


「…」


「尾道に もう一回行って きっちり、今度はちゃんと撮り直してらっしゃい」


「だね? そうだよね? ウン、行ってくる そして、自分自身をも取り戻してくるよ」」


と、いうわけで「大人の修学旅行 リターンズ」に 私は出かけたのであった。^^;




その結果が コレだ。^^


尾道

画像

尾道

画像

コメントする

『旅行記』関連の記事