2008年7月18日

大人の修学旅行 第1日目 京都(その3)


さて... 今回で京都編を書き終えるにあたり 無謀と自覚しつつroadraceさんに挑戦してみようと思う。^^;



【注意!!】

この記事の画像はクリックすると大きなサイズで鮮明な画像を見る事が出来る様になってます。




今だから正直に言うが...


私は かねがね、roadraceさんに対して敬服している事がいくつかある。


まず、第一はTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地である 松崎で彼が写した数々の写真のクォリティの高さ。


例えば、DVDでキャプ画を撮り、ロケ地の場所でそのキャプ画と カメラのファインダーを覗きながら その画角を合わせて写す事が どれだけ大変な事か...


これは、やった事のある人でないと、その苦労は判らないであろうし、それが一枚とか二枚であれば大変と思う程度ではないかもしれない。


けれども、彼が御自身のブログで掲示している枚数を考えると その熱意は想像を絶する。


第二に 彼が写す飛行機の渋さ。


彼の写した飛行機は その機体の質感や色の風味が独特で なかなか真似が出来ない。^^;


私が昨年 デジタルの一眼レフを購入して いろんな写真を撮り、ブログに掲示するにあたって お手本であり、目標と思ったのは 南東北のtakuちゃんであり、roadraceさんの掲示した写真だったのだ。


だから、もしroadraceさんにお会いする事が出来たなら 聞いてみたい事、確認してみたい事、そして試してみたい事が それぞれいくつか私の中にあった。^^


で、聞きたい事は 個人的な事もあるので置いておくが、確認してみたかった事は 彼がロケ地を撮影する時 どんな感じで撮影するのか?...を 眺めてみたかったわけで、それは伏見稲荷で じっくりと観察させて頂いた。^^;


で、試してみたかった事は 彼と並んで同じ被写体を同時に写した時に それぞれの写真がどの様に写り、どの様に違いがあるのかを比べてみたい...という事だ。


だから、さりげなく 何カ所かで何枚かの写真を 彼の横で撮ってみた。^^;


京都


京都



京都


京都


上の4枚は おそらくほぼ同じ場所でroadraceさんも撮影している。


そして、最も比べてみたいのは 伏見稲荷を見終えた後に、タクシーの運転手に


「京都で夕陽を見るなら ココ...って お薦めのポイントに連れていけ」


と、言って 連れてってくれた「将軍塚」という場所で


京都

ちょうど良い具合の夕陽を撮影したのだが...


京都


さて、roadraceさんの写真は どんな案配なのだろう...


決して、写真を比べて勝った負けたを言いたいのでは無い。


同じ条件で同じ被写体を撮り比べれば 私に何が足りないのかを知る大きな手がかりを得られると私が勝手に考えているだけの事。


けど、私はそれが知りたくて 秘かにワクワクしながら楽しみにしている。^^


【追記】

   roadraceさんの記事


コメントする

『旅行記』関連の記事