2008年7月28日

大人の修学旅行2 高知編


まぁ、聞いて(読んで)やって下さい。^^;




今回の「大人の修学旅行2」では まず、尾道に残してしまった悔いを清める事。


それを終えた私は 魂の再生を図らなければいけない。


それに相応しい場所は何処か? そう私は考えた時、最適の場所に気がついた。


私が まだ、訪れていない場所で、私らしく生きる為に どうしても一度は行っておかなければならない場所... それは高知だ。




というわけで 尾道から不本意ながらJRで高知県のとある駅まで移動し、駅前のタクシーに乗り込むと 札幌から持参した地図のプリントアウトを運転手に渡し


「その印の場所に行ってくれ」


とだけ告げる。


そのとある駅から5分ほど車で走ったところに 目的の場所があった。


高知

それが 上の写真だ。


これが、何処で何のロケ地か...


ポカリCM

ポカリCM

ポカリCM

ポカリCM


2005年の3月 その前年の暮れにTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」により 完膚無きまでに打ちのめされた私が 1本のCMにより


「亜紀が... 亜紀が元気に走ってる...(ToT)」


と、喜びの様な 感動の様な 少なくてもハッキリしている事は、壊れた精神を立ち直る方向へと導いてくれた ポカリスエットCM「走る春編」


そのロケ地である。


数枚、プリントアウトして持参したCMのキャプ画と 周囲の景色を検証し


「ここで間違いない」


そう確信した時、


高知

CMと同じ方向から 電車が走ってくるのが目に入った。


その電車は 誰が見てもアンパンマン


でも、その時の私にはポカリブルーの車体に見えた。


目頭が熱くなる... そう思った時には 両の目から涙が噴き出していた。


頬を伝う涙を拭いもせず、私の横を通過していく電車が小さくなるまで見送った。


そんな私に 待たせてあったタクシーの運転手が


「お客さん どうしたの?」


と、声をかけ それに対して


「バカヤロウ、男には 時に泣きたい時があるんだ」


と、怒鳴る私。


精神が浄化された瞬間だった。





コメントする

『旅行記』関連の記事