2008年6月10日

札幌上空(6月9日)


6月9日の札幌は 久々に快晴で しかも、最高気温が26℃^^




うっすらと霞がかった空の午後、普段では聞き慣れない音が空から聞こえる。


飛行船


空を見上げると そこには久しぶりに飛行船が浮いていた。


飛行船


飛行船


以前、とある記事で述べた事だが...



子供の頃、いつだったか忘れたが 大きな飛行船が空を飛んでいるのを偶然見つけて 物凄く長い時間 その飛行船が はるかかなたへ飛び去り、点になり その点すらも見えなくなるまで妹と眺めた事がある。


当然、帰りは遅くなって 理由も聞いてもらえず、親父にゲンコツもらったけど


「しこうしぇん(飛行船)みたんだお(見たんだよ)

 しゅんごい でっかかったんだお(凄く大きかったんだよ) 

 まうで、くじやみたいだったんだお(まるで鯨みただったんだよ)」


と、妹はそれまで鯨なんか見た事なんか無いくせに目をキラキラ輝かせて喋り、 親父は そんな妹には


「ほうか? そりゃ良かったな」


と、優しくニコッと笑って頭を撫ぜてた。


その対応の違いが なんか納得いかなくて腹立たしかったけど、そんな親父も妹も 今じゃ もうこの世にいない。



私は飛行船に関して そんな記憶があり、札幌の空に飛行船が浮かんでいるのを見る度に その時の事をいつも思い出す。


飛行船


夕焼けになりかけた札幌の空に いつまでも漂っている飛行船を眺めながら また、そんな昔の事を思い出していた。


一昨日(8日) よさこいソーラン祭りが終わり、嫁も娘達も踊り疲れて 家でグッタリしており、そんな中で


「おい、飛行船だぞ!!」


と、親父一人がはしゃいでも 猫ですら鬱陶しそうに見上げるだけ。


間もなく、中島公園の縁日である。


今年は何を買ってきて仏壇に供えてやろうか...


屋根に上がって 飛行船の写真を撮りながら そんな事を考えた昨日の夕暮れだった。


コメントする

『札幌』関連の記事