2008年4月12日

2008年春の旅(空港いろいろ編)


今回の旅では 国内の空港のいくつかを意図的にまわってみた。



千歳空港から出発し、羽田空港を経て 3つめに訪れた空港が鹿児島空港である。


2008年春の旅

上の画は 鹿児島空港の出発ロビーである。


小じんまりとしたロビーではあるが、人も多く活気もある。


2008年春の旅

2008年春の旅

2008年春の旅

離発着する機体も 中型から小型に属する機種がほとんど。




その次に利用した松山空港も


2008年春の旅

2008年春の旅

2008年春の旅

2008年春の旅

2008年春の旅

2008年春の旅

鹿児島空港と 規模や内容は同等で いわゆる、ローカル空港と呼ばれるところは だいたい同じ構成である。




2008年春の旅

2008年春の旅

2008年春の旅

大阪の伊丹空港は 関西空港がオープンするまでの大阪の空の玄関であり、今でも羽田や福岡、千歳など 主要国内の幹線空路があるので空港の規模は鹿児島や松山とは比べものにならないが…


2008年春の旅

2008年春の旅

興味深かったのは 千歳や羽田も含めて 他の空港ではタバコを吸おうと思うと、わりと 目に付く所に喫煙コーナーを見つける事が出来るのだが、伊丹の場合は搭乗ゲートへ向かう手荷物検査場を過ぎてからは他の空港と変わらないが、出発ロビーで吸おうと思うと喫煙コーナーが見当たらず ターミナル内のかなり辺鄙な奥まった場所に 上の画の様に喫煙室があるのだが、御覧通り 他の空港がガラスで囲まれた隔離施設であるのに対し、伊丹の喫煙室は滑走路を見渡せたり、ソファや自動販売機も完備した立派なラウンジだった。


ところで…


2008年春の旅

未成年者の喫煙防止の為の「taspo」だが…


平成2008年4月の現段階で 導入されている県と されていない県がある事は多くの方々が御存じの事と思うし、今回の私の様に他都道府県に旅行や出張の機会の無い方には どうでも良い話ではあるのだが、今回 私が行った先のひとつである鹿児島は既に導入され実施している県であるが、私の住む札幌は5月からという事もあって 私はまだtaspoのICカードを持っていない。


というわけで、自動販売機で買えない…って 結構、辛いわ^^;


で、たまたまかもしれないが 立ち寄ったコンビニの多くがタバコを売ってない。(ToT)


まぁ、仕方が無いと言えば それまでなんだけどね。




それと…


2008年春の旅

上の画は 100円で10分間利用する事が出来るレンタルパソコンとでも言えば良いのかな^^


上の画は鹿児島空港のロビーなのだが このサービスは伊丹や松山など 他の空港全部にあった。


とうとう、こんなサービスが当たり前の世の中になったんだなぁ…と思ったので記しておく。

コメントする

『旅行記』関連の記事