2008年4月 7日

2008年春の旅(松山編 その2)


鹿児島を訪れた時、「たまたま桜島の噴火に遭遇した」私だが 松山でも「たまたま」に遭遇した。^^;




その「たまたま」とは


2008年春の旅

「松山春まつり」の「お城まつり」に遭遇した事。


実は、正直言って 私は「お祭り」にはあまり興味が無い。


しかしながら、「お城まつり」に遭遇した事で 前回、松山を訪れた際に叶わなかった事が 今回は「たまたま」実現出来る事になったのは とてもラッキーだった。^^


というのは、夜になるとライトアップされる松山城だが 城へと登るロープウェイは夕方の5時に終了してしまい、夜間に城に登りたいとすれば徒歩で登山しなくてはならない。


御承知の通り、私は心臓が壊れているので徒歩登山は無理。


ところが、年に何回か数日間だけ ロープウェイが夜の9時まで動く日があり、この「お城まつり」が その僅かな日のひとつだったのだ。^^


2008年春の旅

城というのは やはり、登ってみてナンボなんだなぁ…


2008年春の旅

2008年春の旅

2008年春の旅

こうして、少しづつ登って行くにつれ いつしか自分が戦国時代の侍になった様な気がしてくるから不思議、というか 自分は単純なんだなぁ…とも、思う。


やはり、先年の旅の際に備中高梁城に登れなかったのは やはり、残念至極だった。


2008年春の旅

それにしても、城に桜が よく似合う。^^


天守閣の広場に辿り着くと…


2008年春の旅

松山城下がよく見える。^^


ロープウェイは9時まで運行でも、天守閣は5時で閉館となり 残念ながら登る事は出来なかったが…


2008年春の旅

これだけ拝めれば もはや充分。^^


にも関わらず…


2008年春の旅

こんな夕日が見れたし…


2008年春の旅

夕暮れに城のシルエットが渋いなぁ… と、感じ入っていると


2008年春の旅

あたりはすっかりと暗くなり 提灯の明かりが映える。


2008年春の旅

ライトアップされた松山城は 実に壮観だった。^^


コメントする

『旅行記』関連の記事