2007年11月10日

函館の夜景


ふと、気が向いたので 次女(姪)と一緒にある場所に行きたくなったのだが、その途中、さらに気が向いたので函館に寄った。(と言うか元々、嫌でも通過するのだが...^^;)




大沼を過ぎた辺りで すっかり日も暮れて函館の夜景の裏表を両方撮影するにはグッドタイミング^^。


函館の夜景

上の画は函館山の山頂から函館の街を見下ろして撮影したもの


函館の夜景

函館は観光の目玉として 元々、評判の夜景に力を入れており、上の画は 廃船となったかつての青函連絡船を岸壁に係留保存したものにライトアップして 函館山から見下ろす夜景の一環にしている。


一般的に この様に函館山の山頂から見下ろす夜景が有名な「函館の夜景」と呼ばれているのだが、つまり これを「表」とした場合に それに対して 街を中心に函館山とは反対側から見る夜景を 知る人は「裏夜景」と呼び、そちらの方が好きだというファンも少なくない。


で、裏夜景のスポットは 実は数カ所あり、それぞれに「ここが最高」とするファンがいるそうなのだが、私が好きなのは 横津岳という山の上から見た夜景


函館の夜景

それが、上の画である。


他のスポットに比べて はるかに遠景なのだが、今時期だとイカ釣り漁船の集魚灯がホタルの様に幻想的で その灯りで函館山が夜空にシルエットで浮かぶのだ。


函館の夜景


この景色は いつまで見ていても見飽き無いのだが、この時期は 寒くて写真を撮ったらとっとと車のヒーターで暖まらないと震えがくる。^^;


しかも、後で聞いた話だが 最近、横津岳ではヒグマが暴れ回っているそうで...


道理で、絶好のポイントに車一台無く、誰もいなかったわけだ。^^;


コメントする

『北海道』関連の記事