2006年7月13日

大和ミュージアム(広島県呉市)


旅を終えた今、今回の旅の中で最も思い出深いのは 広島県呉市にある『大和ミュージアム』を訪ねた事と言える。



[map:広島県呉市宝町]

ここを知ったのは「男たちの大和」という映画が制作された時に その番宣番組の中で見た時。


その時、私が思ったのは ただ「大和」という 太平洋戦争時に建造された「世界最大最強の不沈艦」と呼ばれた「大和」という戦艦の1/10の模型をメインにした 単なる博物館かな?と。


その後、いろんな方から情報を頂き、機会を見つけて 一度は行ってみたい... そう思っていた。


戦争について ろくな教育を受けていない 現代の日本人の中にあって、たまたま興味があっただけでは無く、身内にも戦没者がおり、御世話になった多くの知人が従軍経験者で その経験談を聞いて育った私としては 「大和」という軍艦が ただ飾られているだけの施設であれば 本当は見るつもりは無かったのだが...


ちょっとだけ結論を先に言えば『良かったよ、素晴らしかった大和ミュージアム』だった。


さて、以下は 日頃から「右寄り」思想の持ち主と自認する私の私見である。


ゆえに、「左寄り」の方々には 不愉快千万の感想が多いと思う。


で、先に そんな不愉快に思われた方々に言っておく。


「不愉快に思われたのなら 二度と このブログを読みに来るな」


と。^^;




画像

画像


今にも雨が降りそうな どんよりとした空だった。


平日の午前中ともあって、個人の観覧客は少なく 老人の団体客か 修学旅行の学生が ほとんどの中にあって 40過ぎのオッサン3人組の我々は ちょっと場違いの感じもしたが そんなものはどうでも良い。


画像


館内に入って まず、目に飛び込んでくるのが このミュージアムのメインである1/10の「大和」の模型である。


これが 実に迫力がある。


先に補足しておくが 館内は ちゃんと断っておけば、写真撮影してもいいモノ(場所)が沢山ある。


ゆえに、「フラッシュを使用しなければ」という制約付で許可を貰って 記事中の画像は 私が使い捨てカメラで撮影したモノである。


画像

画像


模型の周りの観客と比較すれば 模型の大きさが判っていただけようか?

(画像だと なんか小さく見えるんだなぁ^^;)


で、この横に資料展示室がある。


順路に沿って 建造された時から沈没に至るまでの経緯を示す書類や写真や 貴重な動画が展示されているのを見ていくと 自然、目頭が熱くなる。


そんな時、修学旅行の女学生の 脳天気な声が聞こえた


「大きいフネだねぇ...

 こんなフネ、本当に昔 あったのかなぁ?」


実在したからこそ、歴史となって ここに展示してるんだよ オネェチャン


妙に寂しい気持ちに包まれた。


日教組共の国賊が 自分達の歪んだ思想に気づけず、学生の歴史観をねじ曲げた結果が これなのだ。


でね、資料室を見終えて 再び、大和の模型の前に立って見渡した私が感じたのは...


日本という国が 太平洋戦争に突入に至った経緯は、「ABCD包囲網」とか「ハルノート」とか「ルーズベルトの陰謀」とか とかく色々と言われているが、そんなものは とりあえず、どうでもいい。


世界地図で見れば ちっぽけな島国の日本が、しかも江戸時代の長い期間の鎖国により 世界情勢に 必死で、物凄い勢いで追いつこうとした先人達が この「大和」を造り上げるに至るまでの気持ちって 何だったろう?... 私は そこに思いが馳せる。


戦後、


「大和(同型の"武蔵"も含めて)を建造する予算や資材があれば 零戦が@@機は作れたはず...」


とか、


「時代遅れの 大艦巨砲主義のなれの果て」


等と 無駄の極みのように言う人々がいる。


たしかに、結果論で言えば それはそうかもしれない...と 私も思う。


しかし、それは やっぱり「結果論」なんだよな


重要な点は


「日本が諸外国に対等以上に渡り合うには どうすればいいか」


を 多くの その当時の人々が真剣に考えた結果でもあるのだ。


60年以上過ぎた 今の時代感そのままで、当時を結論づけちゃイケナイのだ。


当時、「大和」が世界最大で最強だったのは 理論上、間違い無い。


そんな艦を造り上げるだけの技術が日本にあった... そこに、私は まず魂を揺さぶられる。


それは「他国の言いなりなんかにはならないぞ」という 当時の日本人の気概というか気合いというか そんな強い気持ちを感じるのだ。


最近の 中国や韓国に対する腰抜け外交を考えてみて頂きたい。


なにも、私は軍備を増強して「なんだったら戦争するぞ」みたいな姿勢を求めるつもりは無い。


ただ、日本という国の主張を きちんと出来ていない腰抜けさに腹が立つのだ。


60年以上前の日本という国は「軍備」により 主張を通そうとし、であるがゆえに「大和」の様な艦を造り上げたとも言えるんじゃないか? そう思ったら、今の物差しで「無駄の長物」なんて言っちゃいけない。


むしろ、60年以上前の日本人のプライドであり、信念であり、気合いの象徴なのだ。


そう思い直して 見上げた「大和」の模型は 実に雄々しく堂々とすらある。


そして、資料室の一角に


沖縄沖へ海上特攻に進む大和の艦内で 迫り来る自分達の死の意義とは何ぞや?と交わされた乗り組み員達の議論が、やがて殴り合いの喧嘩にまで発展した時、哨戒長であった臼淵大尉が



    「進歩のない者は決して勝たない。

     負けて目覚めることが最上の道だ。

     日本は進歩ということを軽んじ過ぎた。

     私的な潔癖や徳義にこだわって、本当の進歩を忘れていた。

     敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか。

     今目覚めずして いつ救われるのか 

     俺たちはその先導になるのだ。

     日本の新生に先駆け敗れる まさに本望じゃないか」


と、その喧嘩を諫めたと言う。


こういう話を耳目にした時、私は「国を思い、国に命を捧げた」と捉えて ともすれば讃美したくなる。


すると、「左寄り」の連中は「乗組員達は 単なる犠牲者だよ 美化しちゃいけない」と言う。


つまり、靖国問題の根底の一つでもあるのだが、戦没者を「英雄」と とらえるか「犠牲者」ととらえるか、という二者択一な対極的なモノの見方だ。


で、私が常々 申し上げたいのは 戦没者は「英雄」かも、もしくは「犠牲者」なのかもしれないが いずれにしろ、「殉職者」だ...という点。


国の為に殉じた方々に対して どう解釈するか?なんて部分で議論している時点で 既に大人の話では無い。


いわば、恩人に対して感謝を捧げるのは 道徳の基本だろ?と。


まずは、国民が 皆で きちんと慰霊する為に、ちゃんとした場所と ちゃんとした歴史教育と ちゃんとした認識を得なければ 殉じて下さった方々に申し訳がたたないだろ? そう問いたいのだ。


画像


上の画像は この「大和ミュージアム」の展示物のひとつで ストロボを使用しなかったから、かなり見づらいのは どうかお許し頂きたい。


これは、太平洋戦争中を撃沈されずに生き延びたが、戦後 中国に対して賠償艦とした引き渡された駆逐艦「雪風」の乗組員達が 引き渡しの時に下ろした軍艦旗に寄せ書きをしたものだ。


特攻隊などの寄せ書きと違い、ここに書き込んだ人々は戦後も生き抜いた方々なので 言葉にも悲壮感は薄い。


しかし、特攻隊の寄せ書きや遺書もそうなのだが もし、アナタが こういう展示物を目にする機会に恵まれたなら 是非、注意して見ていただきたい部分がある。


それは、書かれた文字が 皆、物凄く達筆だという事。


しかも、文章自体の格調が すこぶる高い。


人の書く文字は それぞれ、人によって癖がある。


どんなに 綺麗に書こうとしても なかなか達筆とは言われない人も確かにいる。


しかし、走り書きと違って こういう寄せ書きや手紙では 相手に対する礼儀や、文章に込める思いを表すためにも その人なりに丁寧に気遣って書くから、通常よりは綺麗な文字になるのは当たり前なのだが...


現代人の書く文字を思い起こして頂きたい。


文字の流麗さどころか 読む人への礼儀や思いを込めて書いてますか?

(書けてますか?)


そんな思いのこもった寄せ書きを見て、乗組員達の遺影や碑銘を見ると ホント泣けてくる。




先日、北朝鮮とかいう集団が ミサイルを7発発射した...として とかく報道や論議がなされている。


「ふざけるな」と真剣に怒る人もいるだろうが 私は1発や2発 今のこの日本という国は撃ち込まれた方が良いとすら思う事がある。


出来れば、永田町や霞ヶ関の「役人」とか「政治家」と呼ばれる国賊共をフッ飛ばしてくれるとありがたいが そうじゃなければ この発言の責任を取る意味で 札幌の私の家をフッ飛ばしてくれても構わない。


「敵基地攻撃能力は必要」


みたいな事を たまたま防衛庁長官という職に就いただけの額賀とかいうアホが言い


麻生太郎外相も同日のNHK番組で

「(核爆弾が)ミサイルにくっついて

 日本に向けられているのであれば、

 被害を受けるまで何もしないわけにいかない」と述べたそうな


今まで何もせずにいて、いきなり今になって そんな攻撃(反撃)能力を持とうとすれば 防衛予算はどれだけ追加され、それを国会が テキパキと論議できるのか?


きちんとした「論議」そのものが出来ていない馬鹿共が 思いつきで好き勝手を言ってるんじゃ無い... と、私は思う。


先に記した 臼淵大尉が「大和」の艦内で述べた言葉が本当だったのか否か?について 論議があるそうだから、その事を いちおう先に申し上げておくけれど...


太平洋戦争で殉じた方々のお陰で 日本(国民)は本当に目が醒めたのだろうか?


殉じた方々は 今の日本(国民)の姿を見て


「ウンウン、良くやった」


そう誉めてくれるのだろうか?


私は まず、そこを検証すべきなんじゃないか?と思うんだ




【追記:7月14日】


大和ミュージアムには 下の写真のように「零戦」の実物や 松本零士の「宇宙戦艦ヤマト」の展示室もあります。


画像

画像



コメントする

『旅行記』関連の記事