2016年2月20日

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史"八つ墓村"」


少し前に某国営放送で放送された「Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史"八つ墓村"」」という番組を録画したまま見忘れていたので見た。



2014年1月26日

夜歩く はぎわらさんへの返信


はぎわらさんのブログの記事』を拝読し 性懲りも無くレスしてみる。


【1月28日に追記しました】

2013年12月 1日

獄門島 はぎわらさんへの返信


はぎわらさんのブログの記事『獄門島』(その7)までを拝読し、その上ではぎわらさん御自身からメールを頂戴したので返信を記事にしたためてさせていただく

2013年9月 1日

百日紅の下にて


「虎馬」さんと「支店長」さんに捧げる。^^;

2013年8月20日

獄門島に纏わる個人的メモ


心なしか最近、横溝正史の探偵小説にハマる人(特に若者)が増えてきたように思える。

2013年6月19日

蝶々殺人事件


1998年に放送されたドラマ「蝶々殺人事件」について語ってみる。

2012年10月24日

黒猫亭事件(古谷版) 再び


1978年に放送された「黒猫亭事件」が先日BSで再放送されていたのを録画したので見た。

2012年9月13日

真珠郎(1978年古谷版) 再見


1978年に放送された「横溝正史シリーズII 真珠郎」が先日BSで再放送されていたのを録画したので見た。

2011年5月 6日

久しぶりに「犬神家の一族」を語ってみる


先日の事、何も考えずに ふとTVをつけたら「犬神家の一族(1976年版)」が放送されていた。

2009年8月12日

獄門島(石坂版) DVD再見


女優「大原麗子」を偲んで… 獄門島の原作を再読し、DVDを再見してみた。

2009年7月29日

フルートの話(その4)


雀荘のアルバイトと聞くと ろくなバイトじゃないと思う親は大勢いる事だろう。^^

2009年7月28日

フルートの話(その3)


横溝正史の著作の一つである「悪魔が来たりて笛を吹く」には フルートが重要なアイテムで登場する。

2009年7月27日

フルートの話(その2)


蛇の道は蛇…なのだろうか^^

2009年7月26日

フルートの話(その1)


長い前置きで申し訳ないが…^^;

2009年7月25日

フルートの話(プロローグ)


軟禁生活が私の身体の健康にとっては きっと役に立っているのだとは思う。

2009年7月 1日

横溝正史研究 創刊号


4月の末に「めとろんさんのブログの記事」で この本の存在を知り、早速手配したのだが予想外に時間がかかったけれども届いた。

2008年10月16日

稲垣版「悪魔の手毬唄」制作中 by めざまし♪


今朝のめざましTVを見ていたら稲垣版「悪魔の手毬唄」クランクインという報道があった。

2008年3月 6日

金田一耕助の事件匣


ふとDVD-BOX「金田一耕助の事件匣」の存在を思い出した。

2008年3月 1日

市川版:病院坂の首縊りの家 再考


市川監督の訃報に接し、「病院坂の首縊りの家」を再見した。

2008年2月26日

市川版:女王蜂 再考


市川崑監督の訃報に接し、「女王蜂」を再見した。

2008年2月24日

市川版:獄門島 再考(その2)


先日、拙記事にコメントを頂戴した「めとろんさんの”思いつき『獄門島』考”」という記事を拝読した。

2008年2月18日

市川版:獄門島 再考


市川崑監督の訃報に接し、「獄門島」を再見した。

2008年2月17日

市川版:悪魔の手毬唄 再考


市川崑監督の訃報に接し、「悪魔の手毬唄」を再見した。

2008年2月16日

市川版:犬神家の一族 再考


おどろおどろしい連続殺人事件の映画を観て 爆泣きする私だった。(ToT)

2008年2月14日

市川崑監督がご逝去


突然の訃報に 只々、驚くばかり。

2008年2月 2日

金田一耕助の事件簿


金田一耕助シリーズの主立った作品における事件の発生順年表を メモしてみた。

2007年10月 7日

2007年秋の旅(岡山・備中高梁編)


「備中高梁」にも 私は思い入れが強い。

2007年7月22日

三本指の男(本陣殺人事件:片岡千恵蔵版)


1947年に公開された東映映画「三本指の男」がWOWOWで放送されたので見た。

2007年6月21日

三つ首塔(片岡千恵蔵版)


1956年に公開された大映映画「三つ首塔」がWOWOWで放送されたので見た。

2007年6月 2日

横溝正史シリーズが再放送


WOWOW2で近々、古谷一行のTVシリーズと 片岡千恵蔵が金田一耕助を演じた映画を放送するそうだ。

2007年1月11日

めとろんさんに 捧ぐ…


この記事は 私がいつも拝読させて頂いている『めとLOG ~ミステリー映画の世界』を主宰されておられる めとろんさんに捧げます。^^

2007年1月 9日

石坂:金田一と市川版:横溝映画 考


「金田一です」という書を読み、リメイクされた「犬神家の一族」を観た感想を述べてみたい。

2006年12月20日

犬神家の一族 2006年版


リメイクされた「犬神家の一族」を観てきた。

2006年12月17日

金田一です 著:石坂浩二


昨日の『石坂浩二 in 食わず嫌い♪』という記事の中で述べた様に…

2006年12月14日

犬神家の一族のテーマ&横溝正史


映画『犬神家の一族』のリメイク版公開を目前にひかえ 再掲示しました。^^

「犬神家の一族のテーマ&横溝正史」を編集しました。(約3分)

画像画像画像

2006年11月30日

悪魔の手毬唄 再考


「悪魔の手毬唄」の原作を再読し、市川・石坂版の映像を再見してみた。

2006年11月 6日

悪魔の手毬唄 考


最初にお断り申し上げますが、この記事文中には「悪魔の手毬唄」のストーリーにおけるネタバレが多く含まれています。

2006年6月 5日

横溝作品への個人的願望


とある方より頂戴したメールを拝読していて…

2006年6月 1日

蝶々殺人事件


横溝正史:著「蝶々殺人事件」について語ってみる。

2006年5月21日

真説 金田一耕助


『真説 金田一耕助』という本について語ってみたい。

2006年5月14日

犬神家の一族(稲垣版)


稲垣吾郎版の「犬神家の一族」を語るのに 書斎の何処かに埋まっているビデオを もう一度、見直してから記事にしようと思って半年以上が過ぎた。^^;

2006年5月 2日

金田一耕助と役者魂


かねがね 私は横溝正史、金田一耕助の熱狂的なファンだ…と申し上げている。

2006年4月30日

鷲羽山(岡山県)


ちょっと面白そうなブログの機能を導入したので 試すついでに この記事をリメイクする事にした。^^

2006年2月25日

古谷一行の金田一シリーズ 序


とうとう、古谷一行の金田一耕助作品について語り始める事にする。^^;


2005年9月18日

横溝小説の表紙絵


葉月亭』のHAZUKIさんをはじめとする 横溝ファンに捧ぐ…^^

2005年7月31日

横溝正史


嬉しいなぁ… 久しぶりに横溝正史の話が出きる人と巡り会えた。

2005年5月12日

幻影城


『幻影城』と聞いて ある雑誌を思い出せる人がいるとすれば、その人は 往年の推理小説ファンのと言って良い。

2005年5月11日

「横溝正史」と「編物」


このブログ内の いくつかの記事の中で 私がマフラ-を手編みした話を述べた。

2005年3月27日

奥の細道


変な話で恐縮だが…、私は 中学生の時 国語の試験の成績が悪かった。^^;

2005年1月23日

備中高梁(岡山県)


以前、別の記事で 私は「横溝正史」の金田一耕助シリ-ズのファンだと述べた。

2005年1月20日

一芸は身を助けるかもしれない


学生だった時、ある友人が突然、僕を訪ねてきて「頼むから金を貸してくれ」と言った。