2015年9月23日

私はまだセカチュー症候群なんだな 2015


最近、放送されている2本のCMに 自分がまだセカチュー症候群である事を自覚させられた。



2014年7月 2日

TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」 10年


早いもので あの夏から10年になるんだね。

2009年11月24日

柴咲コウ in Mラバ♪


「柴咲コウ」が「Music Lovers」に出演しているのを見た。

2009年7月 7日

私のTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」感(その3)


その2の続きという事で…

2009年7月 6日

私のTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」感(その2)


その1の続きという事で…

2009年7月 5日

私のTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」感(その1)


久しぶりに、TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」に関して個人感を語ろう…^^

2009年5月12日

このブログのイラストについて(3)


ちょっと このブログのイラスト制作の裏話をしてみよう…

2008年1月29日

世界の中心で、愛をさけぶ DVD6巻再見


DVD6巻を再見した... と、述べると「えっ?!」と思う人もいるだろう...。

2008年1月28日

世界の中心で、愛をさけぶ DVD5巻再見


DVD5巻を再見した。

なんとなく、私は巡礼の旅をした気持ちになっている。

2008年1月27日

世界の中心で、愛をさけぶ DVD4巻再見


DVD4巻を再見した。

たまらんなぁ… この3年の間に何回も数え切れないぐらい見直したのに なんで まだ、こんなに涙が出るんだろう…(ToT)

2008年1月25日

世界の中心で、愛をさけぶ DVD3巻再見


もうね、自分自身に対する責めだな…と、DVD3巻を再見した。^^;

2008年1月24日

世界の中心で、愛をさけぶ DVD2巻再見


正直言うと、前回のDVD1巻再見という記事を書き終えて、DVD2巻を見始めた時、記事なんか書かなきゃ良かった...と後悔した。^^;

2008年1月22日

世界の中心で、愛をさけぶ DVD1巻再見


「今更、またかよ^^;」と、思われるかもしれないがTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」のDVDを再見し、語ろうと思う。

2007年11月 4日

柴咲コウ「invitation LIVE」


柴咲コウの「invitation LIVE」というDVDを入手したので見た。

2007年9月24日

HERO SP 改訂版


「HERO SP」を観た。

2007年6月 6日

細々と…


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」関連の過去記事を修正しております。^^;

2007年5月 6日

天国へのカレンダー


2005年にフジ系で放映されたスペシャルドラマ「天国へのカレンダー」について語ってみる。

2006年7月14日

ブタネコが見た松崎(その1)


大人の衝動買いと 関係各方面から非難を浴びつつ… ^^;

2005年8月16日

幻のテープが2本


記事を書くのに 画像を整理していたら 「あれ?」と気づいた事があった。

ブタネコ的 アキ父の考察(8,9)


今回は 第8話と第9話のアキ父の心情について 勝手に語ってみたい^^;

(またまた、今回も 勝手な妄想なんで笑い飛ばして下さい^^;)

2005年8月14日

ブタネコ的 アキ父の考察(7話)


今回は 第7話のアキ父の心情について 勝手に語ってみたい^^;

(またまた、今回も 勝手な妄想なんで笑い飛ばして下さい^^;)

2005年8月13日

ブタネコ的 アキ父の考察(6話)


さて、今回は第6話のアキ父の心情に絞って 勝手に語ってみたい^^;

(今回も 勝手な妄想なんで笑い飛ばして下さい^^;)

2005年8月11日

ブタネコ的 ソラノウタの考察


「最愛の人」という表現は なにも相手が「恋人」だけとは限らない。

親にとって「最愛の娘」というのも「最愛の人」と言えるでしょ?

2005年8月 2日

takuさんへの返信(軽い編)


この記事は 私が 常日頃から神ブログと崇め奉る…

綾瀬はるかなる日々』さんの『世界の中心で、愛をさけぶ・第4話』と言う記事において…

takuさんへの返信(普通編)


この記事は 私が 常日頃から神ブログと崇め奉る…

綾瀬はるかなる日々』さんの『世界の中心で、愛をさけぶ・第4話』と言う記事において…

takuさんへの返信(重い編)


この記事は 私が 常日頃から神ブログと崇め奉る…

綾瀬はるかなる日々』さんの『世界の中心で、愛をさけぶ・第4話』と言う記事において…

2005年7月26日

takuさんに 応えてみる


先日、私が個人的に(あくまでも個人的に)尊敬する神ブログ『綾瀬はるかなる日々』さんにおいて『世界の中心で、愛をさけぶ・第3話』という記事が更新された。

2005年7月15日

ブタネコ的 17年の考察(2)


このところTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」における「ラストシ-ンの解釈」について 語るところが多かった。

2005年7月11日

ブタネコ的 第5話の考察


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」第5話は 言うまでも無く、「夢島」の回であり、アキが おそらく、その生涯の中で最も幸せを感じていた時期であり、この回のラストで とうとう発病してしまう 全体の分岐点でもある。

2005年7月10日

takuさんに 再び捧げます。


実は 先日の事、「赤い疑惑」を嫁の目を盗んで見ようと思い 我が家の最寄りのネットカフェに行った際、そこの設備を利用すればDVDからキャプ画を抽出出来る事が判明した。

2005年7月 9日

ブタネコ的 第1話の考察


今回、この記事で以下に述べる事は 根本的に私(ブタネコ)の脳内で勝手に描いた妄想から始まった事である。

2005年7月 8日

ブタネコ的 17年の考察(1)


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」を DVDで少なくとも2回観ろ… と、これまで 何度も このブログ内のいくつかの記事で述べてきた。

2005年7月 7日

続・アキバ系研究員達の考察


私の友人に「アキバ系研究員を束ねた某国立大学理工学部教授」という人物がいる。

2005年5月26日

takuさんに 捧げます。


冒頭にて 「お詫び」と「御礼」と「お断り」を申し上げます。

2005年4月 8日

「世界の中心で、愛をさけぶ」再放送


このところ、国内各地でTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」の再放送がされていると聞く。

2005年3月17日

「アジサイの丘」に関する考察


以前、『「世界の中心で、愛をさけぶ」症候群』という記事で、とある大学の理工学系研究室に集うアキバ系若者達を「セカチュ-症候群」に放り込んだ…という話を述べた。

2005年3月 2日

「世界の中心で、愛をさけぶ」女優感


先日の土曜日、久しぶりに 「綾瀬はるか」の姿をTVで見た。

2005年2月21日

「世界の中心で、愛をさけぶ」症候群


最近、現実逃避をしてしまう人が増えていると言う。

かくいう私も その一人である。

2005年2月19日

松崎温泉(静岡県)


伊豆の温泉なら「修善寺」や「湯ケ島」も悪くない。

2005年2月 3日

「世界の中心で、愛をさけぶ」番外編


このところ すっかり、「セカチュ-」にやられてる。

自分でも「痛いオヤジだなぁ…」と思う。

2005年1月23日

「世界の中心で、愛をさけぶ」堤幸彦


「堤幸彦」という演出家の名前に注目したのは 1999年のTBS系ドラマ「ケイゾク」(主演:中谷美紀)からだ。

2005年1月20日

「世界の中心で、愛をさけぶ」特別編


「世界の中心で、愛をさけぶ」の特別編は 総集編の趣が濃い。

2005年1月18日

世界の中心で、愛をさけぶ 第10話


もうね…、駄目です。

調子に乗って始めた「世界の中心で、愛をさけぶ」のブタネコ感想文ですが…

あらためてTV版のDVDを見直しながら書いてるんですが、駄目です。

2005年1月17日

世界の中心で、愛をさけぶ 第9話


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」は 現在の(17年後の)サクの物語に、17年前のサクとアキの物語が回想シ-ンの様に重なっていく。

2005年1月16日

世界の中心で、愛をさけぶ 第8話


私は これまでの人生の中で

「何かを得るためには 何かを失ったり、我慢しなければならない…」

という言葉を信じてきた。

世界の中心で、愛をさけぶ 第7話


さりげない一言が 時に、人を傷つけたり 喜ばせたりする。

世界の中心で、愛をさけぶ 第6話


とうとう アキが病に倒れる… 避けて通れぬシ-ンとはいえ、何度 観ても辛い。

2005年1月15日

世界の中心で、愛をさけぶ 第5話


「世界の中心で、愛をさけぶ」を見続けて 第5話あたりから 宗教感とか死生観を考え始める。

世界の中心で、愛をさけぶ 第4話


「世界の中心で、愛をさけぶ」の第4話のラストにおいて とても良いセリフがある。

2005年1月14日

世界の中心で、愛をさけぶ 第3話


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」は 特別編を入れると全部で12話ある。

2005年1月13日

世界の中心で、愛をさけぶ 第2話


夜中、家を抜け出し 彼女の家に行き、彼女の部屋の窓に 小石を投げる

2005年1月12日

世界の中心で、愛をさけぶ 第1話


受験生だった頃、深夜ラジオを よく聞いた。