2016年6月 3日

鮨たかん(函館市)


最近、「函館に行くのは「鮨たかん」で鮨を食うのが主目的で写真撮影は二の次だ」と言い切る後輩がいる。





今回、この記事に貼る写真は その後輩K君が撮ってきたものなのだが...


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


パッと上の写真を見ただけなら気づかない方も多かろう


なので、ちょいとひと工夫して撮ったのが


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真②③なのだが お気づき頂けたであろうか?


まぁ、それでも判らないという方に


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


そう、この一人前風の握りは「鮨たかん」の親方お手製のちゃんと食べられるミニチュアなのだ


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真⑤におけるイクラが 標準サイズ一粒なので 握りの大きさがどれほどの小ささか御理解頂けると思う


ちなみに、標準サイズの握りは銀座の高級有名寿司店の寿司よりはるか美味い。




私信:たかんの親方殿へ


先日頂戴したアンコウの肝 今まで私がいろんな料亭等でボッタくられながら食べたものをはるかに凌駕した美味さでした。

まんまで食べた時の塩加減は絶妙すぎて せっかく、薬味やポン酢まで用意して下さいましたが使う必要がありませんでした。

ちなみに、私の主治医や嫁と分かち合って食べたのですが 主治医は院長室に秘蔵してあった桐の箱に入った日本酒の栓を惜しげも無く開封し 双方をチビチビと舐める様に味わい その美味さにあっという間に酔いつぶれてしまう程でした。


本当にありがとうございました。

コメントする

『施設』関連の記事