2016年2月20日

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史"八つ墓村"」


少し前に某国営放送で放送された「Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史"八つ墓村"」」という番組を録画したまま見忘れていたので見た。





Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史


Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史

Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史




基本的にこの番組は 4人の出演者による座談会形式の部分と「八つ墓村」に関する解説めいた部分に大きく分ける事が出来る。


見終えて感じた事は 試みとしてはとても興味深く面白くも感じたが、この程度の番組で「八つ墓村」のネタバレし過ぎな内容に もっと未読な人に読んで欲しいと願うと私としては「なんだかな」感が否めない。


それとは別に、第一回がタラコクチビルだった事も 些末な話ではあるが気にくわない


Jミステリーが始まったのは横溝先生、もしくは百歩譲って江戸川乱歩であり タラコクチビルを第一回にもってくるなど笑止千万と。


また、それらとは別に


Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史


「横溝正史に関しては"先生"」


と、言い切った綾辻行人に関しては 今後、少しだけ評価を(良い方向に)変えて扱いたいと思った。


まぁ、どうでもいい話かもしれないが...


俗に「読書好き」だと公言する方に「誰のどんな本が一押しですか?」みたいな質問を投げると「乱歩の~」とか「「東野の~」と 作家の名前を端折った上で呼び捨てに語る人が多いのだけれど 何故か、私は昔から「私は太宰の大ファンなんです」と言う人に「コイツとは仲良くしたくねぇな」と感じる人ばかりで 特に太宰ファンが本の話をする時に用いる「太宰は」という台詞には なんか独特のイントネーションみたいなモノを感じ、ただそれだけでムカッとくる。


また、意味合いは別だが


「え? 横溝? あぁ、横溝は面白いよねぇ...」


みたいに言う人には 


「名字だけ呼び捨てにするんじゃねぇよバカヤロウ せめて"横溝正史"とフルネームで呼べ」


と、私はこれまでの私の人生の中で数え切れないぐらい数の相手に言った記憶があるぐらい 私は横溝先生を敬愛している。


Jミステリーはここから始まった! 第二回「横溝正史


コメント(3)

すみません…
「名字だけ呼び捨て」をしていました… ブログで何ヶ所も…

>太宰ファンが本の話をする時に用いる「太宰は」という台詞

私にとっては太宰もそうだし、「(坂本)りょ○ま」「おざ○(豊)」とかもそうですかねー

とか言いつつ私も、面と向かって会話する時は「太宰治」だけど、文章にする時は「太宰」って書いてるかな
ブタネコさんの記事へのコメントにも「芥川」って書いたことあるし

ただ私は別に太宰を好んでないし、むしろ何が良いか私には分からないし、たぶん戦国時代の話をしている時に「信長」と言ったり幕末の話をしている時に「西郷」と言ってるのと変わらないと思います、私の場合

ブタネコさんの仰る「太宰」もファン同士で言ってる分には構わないんでしょうけどね

★ はぎわらさん さん

はぎわらさんははぎわらさん 私は私ですから^^

ただ、目の前で直接やられたらコノヤロウって言いますよ。^^


★ うごるあ さん

>「(坂本)りょ○ま」「おざ○(豊)」

仰る通り それ私もです。^^

>ファン同士で言ってる分には構わないんでしょうけどね

その通り、どうぞ御勝手に です。

が、俺に向かって言ったら… です。

コメントする

『横溝正史』関連の記事