2015年3月14日

寝台特急「北斗星」引退


先日、寝台特急「北斗星」が引退となったそうな





とはいえ、常時運行のダイヤから消えるだけで 当分の間は臨時列車としての運行もあるらしい


寝台特急「北斗星」引退

寝台特急「北斗星」引退

寝台特急「北斗星」引退

寝台特急「北斗星」引退

寝台特急「北斗星」引退

寝台特急「北斗星」引退

寝台特急「北斗星」引退


私は鉄オタではないし、そもそも「国鉄が大嫌い」から今のJRに至るまで好意的には思っていない思考の持ち主なんだけど それでも「北斗星」だけは廃止と聞くと郷愁の思いがある。


それだけに、また一段とJR嫌いのレベルが上がったんだな。


まぁ、大昔の話を持ち出しても仕方が無いんだけど 道産子の感覚の私としては東京に出かける移動手段として 国鉄で札幌から函館に行き、青函連絡船に乗って青森に渡り、青森から寝台車で東京へと向かう...というのが一般的で その後、千歳-羽田間の空路での移動が殆どで 上の画像にあるように「北斗星」が運航開始時の「移動時間は飛行機よりもはるかにかかるけど旅費は飛行機よりも安い」というコンセプトは その当時の私には全くそぐわず通常の移動に利用しようという気にはならなかった。


ただ、いつ頃からだったか思い出せないが 北斗星のA寝台や食堂車が改善され あたかも海外の(例えばオリエント急行のような)旅にちょっとした豪華さを味わうようなスタイルが盛り込まれて 急がずまったりな移動の時には「北斗星」もいいなと利用するようになったんだな


で、今回の廃止への動きの背景には あと1年と迫った北海道新幹線(と言っても函館までだが)開業にむけての動きがあるとかないとか色々と言われているらしいのだが...


ふと、思うのは 北海道から東京まで新幹線で高速移動出来るというのは確かに魅力ではある 一説によると、一年後に開業予定の東京-函館間は予定では4時間10分という設定だそうで 料金は営業キロ数的に近い東京-広島間の料金が指定席料金で1万9千円ちょいという数字に近いんじゃないかと予想されているようだが、北海道新幹線が札幌まで延長開業されるのはさらに15年後の2030年という現状を考えた時、札幌に住む私としては工事費に巨額がかかり、時間もそれなりに必要なのはあたりまえだから仕方の無い事ではあるし 札幌まで延長された暁にはそれなりの利用価値は充分にあるとは思うが、現状で札幌-函館間の移動に特急で移動に三時間半前後、指定席料金で約9000円かかるわけだから 総体的に札幌から東京まで移動するのにザックリ計算で8時間 料金もザックリ計算で3万円弱だとすると それって利用価値としてはどうなの?と疑問に思う。


でね、良い機会とも思えるので ついでに私見を記しておくと...


かつて、「青森-大阪」間を結んでいた「日本海」という寝台特急列車があった。


で、札幌で育った私ぐらいの年代の殆どは高校の修学旅行と言えば 函館まで特急で、青森へ青函連絡船で渡り、青森からは寝台特急「日本海」で「京都」へというのが定番だった


ゆえに、当時の札幌っ子の多くが生まれて初めて乗る寝台車はその「日本海」であり 生まれて初めての本州各地の風景をその車窓から眺めたものだ。


まぁ、修学旅行という特殊性もあるのかもしれないけど それ以降、「寝台車に乗る=旅情」みたいな関係性が私の中で勝手に育まれ、近年になって その「日本海」に限らず国内各地で運行されていたブルートレインが廃止の報を耳にする度に鉄道からまたひとつ旅情が消えたな...という感が増していたのだ。


で、今回 とうとう「北斗星」と「トワイライトエクスプレス」の廃止で 今のJRから旅情を味わうのは無理だな と。


実に つまらねぇ世の中に またひとつなっちゃったなぁ...とも。


広義的に近年では「ゆとり」という言葉には悪しきイメージしか無いけれども、例えば旅行における「ゆとり」という意味で「長距離をまったりと」を望む時、寝台車の旅なんてのはトップレベルだと私は個人的に思うわけで 青函トンネルが開通し、そこを列車が走り始めた時、北海道の稚内や根室あたりから鹿児島へ車中二泊三日の寝台車の旅なんて味わえるようにならないかと夢想したのだが さすがに私の大嫌いな国鉄(JR)は私の願いなんか実現してくれるわけもなく 特に、JR北海道に至っては相変わらずのデタラメぶりに呆れるばかりである。


コメント(2)

けさネットを見ていたら、「青春18きっぷ」のチラシも駅頭ては配布しなくなるそうで…きっぷそのものをやめてしまう下準備かも?と勘ぐってしまいます。まさかとは思いますが。

★ ネコまんま さん

>青春18きっぷ

そのシステムを私は使った事が無いので なんの感慨も浮かびません。^^;


コメントする

『短小説「北斗星」』関連の記事