2014年11月14日

Nのために 第4・5回


ドラマ「Nのために」第4・5回を録画で見た。



Nのために

Nのために


Nのために

Nのために

「榮倉奈々」


Nのために

Nのために

「三浦友和」


Nのために

Nのために

「小出恵介」


原作を読んでいないので あくまでも私の想像を交えた個人感で語るが...


このドラマの構成が過去のシーンと現在のシーンを交えているのは 現在に発生した小出恵介が犯人とされている夫婦死亡事件に関して その事件の背景を描くための過去のシーンなのだと思うけど 雰囲気的には小出恵介が犯人として服役した事で事件は表向き解決した様に見えて 実は、他に犯人が居る...とか 事件が生じた背景には複雑な経緯がある...とかなのであろう


まぁ、それが実はどうだったのか?はともかくとして 過去のシーンを見続けていく事で事件の真相が判った時に 視聴者が感動なり、驚きなりさせてくれれば良いのだけれど、第5話まで見てきて 私にはなんだか「なんだ、このクソドラマ」と唾棄しそうな予感が回を増す毎に強くなる。


だって、事件発生時に夫婦のマンションに居た人物それぞれの過去シーンにおいて 誰一人にすら私は現時点で感情移入出来ないんだ。

コメントする

『湊かなえ』関連の記事