2014年1月15日

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金


シリーズは現在6巻まで発行され続刊中。



著者:鳳乃一真 発行:ファミ通文庫


龍ヶ嬢七々々の埋蔵金  

第1巻 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 ISBN-10:404727786X


ザックリと内容を語れば、主人公である高校生の男の子が転校した先で住む事になったアパートには地縛霊の女の子がいた。

その女の子はかつて少女ながらも世界中をトレジャーハンターとして冒険してまわり、蒐集した宝物を遺したまま殺されて地縛霊になっていた。

男の子はその子を殺した犯人を捜すために 行き掛かり上遺された宝物を探す事にもなる…




軽い気持ちで読み始めたところ これがなかなか面白い


難点は登場人物の名前が

八真 重護(やま じゅうご)

 ・龍ヶ嬢 七々々(りゅうがじょう ななな)

 ・壱級 天災(いっきゅう てんさい)

 ・唯我 一心(ゆいが いっしん)


という風に実に面倒臭い名前ばかりである事だが、これはまぁ仕方が無い。


聞いたところによると 今年の4月からアニメ化されるそうで



個人的にはとても楽しみだ。


さて…


先日、「ホーンテッド・キャンパス」という小説に関する記事を掲示した際に twitterで「sane1102」さんより

思ったんですが、この手の著書ってドラマ化されると配役で「え~」ってなって設定改変に「うわぁ…」っとなることが繰り返されてますよね(笑)


と言われ「まったくだ」と思った私。


万が一、この本が将来的に実写ドラマ化されたらと夢想し 個人感を記しておくと…


 ・八真 重護   = 誰でも良い(J系でなければ)

 ・龍ヶ嬢 七々々 = 有村架純

 ・壱級 天災   = 吉田里琴

 ・唯我 一心   = 誰でも良い(J系でなければ)

 ・茨 夕     = 広瀬アリス

 ・不義 雪姫   = 夏帆


…なんて感じのキャスティングでやってくれると個人的にはありがたい

コメント(2)

Jが絡むとラノベどころか最近では往年の名作アニメまでレ○プしまくるんで始末に負えませんね(ベムはまだ楽しめましたけど。それでも佐々木蔵之介とか中堅どころが演って欲しかったなぁってのが本音ですが、笑)

そういえば剛力彩芽の新ドラマが始まりますが、彼女のキャラは原作ではビルの管理人をしている妙齢の美女らしいんですけど、これってどうなの?という懸念が消えません。

★ sane1102 さん

>剛力彩芽の新ドラマ

それ原作読んで無いので なんとも言えません。^^;

コメントする

『ラノベ』関連の記事