2012年11月23日

悪魔の手毬唄(1990年古谷版)


1990年に放送された「悪魔の手毬唄」が先日BSで再放送されていたのを録画したので見た。



【※注意】以下の記述にはこのドラマのネタバレが含まれてます。




悪魔の手毬唄


悪魔の手毬唄

金田一耕助:古谷一行


悪魔の手毬唄

磯川警部:藤岡琢也


悪魔の手毬唄

等々力警部:ハナ肇


悪魔の手毬唄

青池リカ:有馬稲子


悪魔の手毬唄

青池歌名雄:石黒賢


悪魔の手毬唄

別所千恵子:伊藤つかさ




今回の放送を見ていて オンタイム放送時に見たはずなんだけど、内容に関して朧気だった記憶が鮮明に甦り


「そうだ、冒頭でクソだったからながら見で終わらせたんだ」


という事を思い出した。


その理由は「磯川警部」と「等々力警部」の両方が登場したからだ。


横溝フリークにとって この二人が揃って登場するのはある意味、夢なんだと思う。


原作者である故・横溝正史先生は「悪霊島」を出筆した後、「磯川警部」と「等々力警部」の両方が登場する作品の構想を練っていたとエッセイで語っておられるが、それは実現せぬまま他界されてしまった事もその理由の一つだ。


ゆえに、私の個人感としては 


「やっつけの二時間ドラマ仕立てで調子に乗ってるんじゃねぇ」


と、不愉快になったんだな。


「別所千恵子」に「伊藤つかさ」をキャスティングしたのも「なんだかなぁ」感が強かったが、最も「あ~」と感じたのは


悪魔の手毬唄

「仁礼嘉平」に「加藤武」という配役 これが最もイタダケない。




悪魔の手毬唄

悪魔の手毬唄

悪魔の手毬唄

悪魔の手毬唄

コメントする

『古谷一行:TV』関連の記事