2012年10月24日

黒猫亭事件(古谷版) 再び


1978年に放送された「黒猫亭事件」が先日BSで再放送されていたのを録画したので見た。



黒猫亭事件

黒猫亭事件


ずいぶん前に『黒猫亭事件(古谷版)』という記事を記しているのだが、久しぶりに再見しても感想は全く変わらない。


黒猫亭事件

黒猫亭事件

黒猫亭事件

黒猫亭事件

黒猫亭事件


今思えば、横溝フリークとしては「黒猫亭事件」を映像化する事は作品の面白さから言っても不思議では無いのだが、このドラマが製作された当時にこのチョイスは ある意味たいしたもんだと思う。


まぁ、フリーク的には「黒猫亭事件」がドラマ化されたのならば「車井戸はなぜ軋る」も映像化して欲しいと願うわけで 2002年に『水神村伝説殺人事件』としてドラマ化されたがクソだった。(ToT)


なんか最近、赤川次郎だ宮部みゆきだ東野圭吾だのを持ち上げて冠までつけてクソドラマ化するのが流行ってるみたいだが、そんな暇と予算があるのなら横溝正史をやれ!と、声を大にして言いたい。

コメント(2)

古谷版「黒猫亭事件」はこじんまりしていますけど、尺にあっていていい感じの仕上がりでした。近藤洋介の風間役なんてまさに適役でしたね。

太地喜和子のあの髪型は私は赤い表紙の角川文庫「犬神家の一族」を思い浮かべます。てっきり、あの人が松子かと思っていたくらいです。

社長が来週の木曜ミステリーシアター赤川次郎原作毒(ポイズン)にゲスト出演します。ゲストヒロインの友人役みたいなんですが・・・

★ 支店長 さん

そうですよね、太地喜和子の髪型はハマってますもんね。^^

コメントする

『古谷一行:TV』関連の記事