2012年8月21日

欽ちゃんの初恋


BSプレミアムドラマ「欽ちゃんの初恋」を見た。



欽ちゃんの初恋


最初に断っておくと、私は「萩本欽一」が好きでは無い。


一世を風靡した芸人である事は認めるし、多くの人達から愛されている人物である事も認めるが、理由あって私は「萩本欽一」が好きでは無い。


ゆえに、本当であればそんな「萩本欽一」の実話ドラマなんか興味を持つ必要も無く、見るべきでは無いと自分自身でも思うのだが、出演者リストに「中越典子」の名前を見つけた事から ついつい見てしまったんだな。


で、申し訳ないが ドラマの内容に関して感想を述べる気は無い。


では何故にこんな記事を掲示したのかと言えば...


欽ちゃんの初恋欽ちゃんの初恋

欽ちゃんの初恋欽ちゃんの初恋

欽ちゃんの初恋欽ちゃんの初恋

欽ちゃんの初恋欽ちゃんの初恋

欽ちゃんの初恋欽ちゃんの初恋


このクソブログに最近はサボっているけれど『喫茶「職安」』と称して掲示した記事がある。


最終的には萩本欽一の妻となる女性を「中越典子」が演じていたのだが、このドラマの中で中越典子が見せた仕草とか話し方、気っぷの良い台詞... 


私には その何もかもが喫茶「職安」のママを彷彿とさせたのだ。


だから、ドラマの途中からは 中越典子が何かを喋り、何かをするだけで 私の目からは涙が噴き出して止まらなかったのだ。


ママも鬼籍に入って随分と経つ。


お盆という時期を考えれば


「ブタネコぉ アンタ、アタシの事を忘れてんじゃないだろね?」


なんか、そう言われた様な気になった。


だから、記事を掲示して


「絶対、忘れるわけ無いじゃないですか」


そう記しておきたかったんだ。

コメントする

『喫茶「職安」の話』関連の記事