2012年8月13日

ウルトラマン 第6~10話


WOWOWで放送が始まったハイビジョンリマスター版「ウルトラマン」第6~10話を見た。



ウルトラマン

ウルトラマン

ウルトラマン


まず、第6話


ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン


第7話

ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン


第8話

ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン

ウルトラマン

ウルトラマン

ウルトラマン


第9話

ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン

ウルトラマン


第10話

ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン




このハイビジョンリマスター版を見るのがとても楽しい


普段、映画やドラマをクソ呼ばわりして文句を言ってる事の多い私ではあるが なんか、このウルトラマンの粗みたいなものを発見すると 文句よりも当時の特撮スタッフの苦労というかアイデアというか そんな部分に感心していたりする。


たとえば、


ウルトラマン


それまでほとんど地球人と同じ大きさだったバルタン星人が巨大化してビルの向こう側に表れるシーン


ウルトラマン


マグラーがこちらに向かってくるシーン


そして、


第7話「バラージの青い石」において


ウルトラマン

ウルトラマン


アフガニスタンの北国境近辺にあるとされたバラージに向けて飛行中のビートル


当時は全く気にならなかったが ハイビジョンリマスター版で見ると まるで「ボブの絵画教室」でボブが描いたような山の絵


似た様なものがこの回には別の場面で


ウルトラマン

ウルトラマン


バラージの遠景や山も かつての銭湯の壁画のように美しい


ウルトラマン

ウルトラマン


バラージの街のセットも あの手この手の知恵を振り絞っているのがうかがえる。


で、とどめが


ウルトラマン


「チャータン」(女王?)


ハイビジョンリマスター版で見るとコテコテの日本人なんだな^^

コメントする

『空想特撮シリーズ』関連の記事