2012年3月25日

伊勢正三 Myアルバム


自分の為だけにまとめてみた。



海岸通


お前だけが


あの唄はもう唄わないのですか


暦の上では


ほおづえをつく女


3号線を左に折れ


通り雨


君と歩いた青春



22才の別れ


ささやかなこの人生



なごり雪


雨の物語

コメント(5)


懐かしくて、風を聴いていた頃の自分が愛おしいです。


個人的アルバムには 貼り付けてもらった曲の他に 『海風』を加えたいと思います。

22歳の別れについては、思い入れがありますな。私も。風版はアレンジがギタリストの石川鷹彦氏でAメロからBメロに行く部分がギター。かぐや姫版がアレンジが瀬尾一三氏で、該当部分が電気ピアノ(おそらくフェンダーのローズピアノ)です。どっちが良いか、好みの問題ですが、私はかぐや姫の方が好きだったかな。高校生の時付き合ってた娘が、この曲となごり雪がえらく好きで、当時軽音楽部だったもんで、何度も曲を弾かされた思い出もあります。残念ながら、今のかみさんではありませんが…。

★ 虎馬 さん

「海風」は ちと考えましたが、入れませんでした。

なんか、私の記憶にある昔のLPレコードって 両面で11・12曲の構成が多かったと記憶したもので
今回は12曲にこだわったためです。


★ ニャ王様 さん

「22才の別れ」は私にとっても 青春そのもので別格ですね

ブログ記事、いつも楽しく読ませて頂いてます。
風、懐かしいです。下手なギターでどれだけ耳コピしたことか。
「22才の別れ」 のあの独特で美しいアレンジは、
ナッシュビル・チューニングされたギターでないと演奏できない、と後で知り、
(4番、5番、6番弦も1番から3番までの細い弦を張って高音でチューニングする)
普通のギターで頑張ってコピーしようとした自分がまるでアホでした。

普段ロム専のボクも、懐かしくて思わずコメントしてしまいました。(笑)

★ 東方不敗★ダム さん

コメントありがとうございます。^^

コメントする

『私にとっての懐メロ』関連の記事