2011年10月 7日

祭りばやしが聞こえる


1977年から78年にかけて日テレ系で放送されたドラマ「祭りばやしが聞こえる」と その主題歌について語ってみる。



一昨日、たまたまエリッククラプトンの特集番組を見たのだが 何故か私はクラプトンを聴くと「柳ジョージ」を思い出す。


そういえば、しばらく聴いていないなぁ...と ネットで検索していたら



祭ばやしが聞える ED 投稿者 kkkk12120928


という動画を見つけた。


そう、この「祭りばやしが聞こえる」というドラマは 私と同世代の男子ならきっと記憶に欠片ぐらいは残っていると思うのだが どうだろう?


一説によるとオンエアー時の視聴率が悪かった...とか、その後の萩原健一が一時的に素行の悪い時期があり、それに重なったから...とか 色々と理由が取り沙汰されたモノだが、このドラマはビデオ化も(もちろんDVD化も)されておらず、記憶に間違いが無ければ その当時の他のドラマと比較して比べようもなく再放送された機会が少ない。


でもね、私にはとても記憶に残るドラマだったんだよなぁ...


拙い記憶を辿ってあらすじを記すと 萩原健一が演じた主人公は競輪選手、落車負傷して山崎努が演じた先輩の実家の温泉宿で湯治しながら、先輩の妹(いしだあゆみ)といい仲になったり、知り合ったテキ屋(室田日出男)を手伝ったり... やがて、一念発起して競輪選手として復帰するが そこでトラブルに巻き込まれ...


放送時期的に『前略おふくろ様』の直後の出演作で 前略のサブとキャラクターが大きく異なっていながら 出演者がわりとかぶっていたのが矛盾した印象などから不評だったんだと思う。


でもね、ぐうたらっぽい言動ながらも自転車の練習での真剣さとのギャップや うだつの上がらない先輩・山崎努の好演もあってか もの凄く説得力のあるテーマとかストーリーだったと記憶している。


いや、上記の動画を見たら 無性に全26話を一気見したくてたまらない。


祭りばやしが聞こえるのテーマ Single ver.柳ジョージ

コメントする

『80年代』関連の記事