2011年7月24日

白夜行


2011年公開の映画「白夜行」のDVDを入手したので見た。



白夜行


白夜行白夜行

白夜行白夜行

白夜行白夜行

「堀北真希」が主演という事とWOWOWが制作という事で見るのを楽しみにしていたわけだが…


この映画の最大の欠点は「何故、亮司が影になったのか?」という部分の描き方が希薄だった為に感情移入が出来なかった事。


それと、ファンの一人のつもりではあるが この「雪穂」という役に「堀北真希」はミスマッチだったと感じた。


あ、誤解の無い様に明記しておくと かつての「綾瀬はるか」によるTV版と比較して語るつもりは全く無いし、「綾瀬はるか」の「雪穂」を全面的に支持するつもりも無い。


あくまでも個人感だが、「雪穂」というキャラには


 ・何を考えているのか判らない

 ・多くの男を魅了する容姿

 ・秘めた冷酷さを隠す演技力


少なくとも上記3点が求められると思うのだが、上の二つには及第点を出してもいいが「秘めた冷酷さを隠す演技力」に関してはダメだ。


それはラストの亮司の死を目の当たりにしてからブティックに戻るまでの一連のシーンでの堀北真希の表情や仕草を指したいわけで、これに関しては演出にも文句を言いたいところなのだけど、まずは堀北真希の演技力をまずは責めるべきかとも正直言って感じたんだな。

コメントする

『白夜行』関連の記事