2010年11月 4日

武士道シックスティーン


2010年4月に公開された映画「武士道シックスティーン」のDVDを入手したので見た。



武士道シックスティーン


主演は


武士道シックスティーン

「成海璃子」と


武士道シックスティーン

「北乃きい」


見終えた感想を述べれば この映画の主題は何なのか?という部分が分かり難かったのだが、個人的感覚として成海璃子が演じた女の子の心の成長なのか?と勝手に解釈すれば


武士道シックスティーン

武士道シックスティーン

武士道シックスティーン

武士道シックスティーン


映画の冒頭からラストへとストーリーが流れるにつれ「成海璃子」の表情の変化の巧みさに 相変わらずのただ者じゃ無さを感じ 特に


武士道シックスティーン


ラストの笑みが特に秀逸。


ただ、ひとつ苦言を呈すなら 同じような時期に同じ様な筋立ての『書道ガールズ』にも出演しているのは如何なものかと感じる部分がある。


二つの映画を比較して どっちがどう...と語る気は無いが、成海璃子の場合 過去にも似た様なケースがあっただけに本人と言うより、事務所の姿勢に疑問を感じる。


武士道シックスティーン

「波瑠」

コメント(2)

検索で参りましたがこのボリュームに圧倒されました

ぜひ本作と「永遠の1.8秒」を比較して語っていただければと思います
成海の役の位置と、星井・北乃の役の性質
そして女優・星井と女優・北乃の当時と現状
料理し甲斐のある素材だと思います


★ しまもと さん


はじめましてコメントありがとうございました。

ですが、現在 私の北乃きいに対する評価はウナギ下がり状態でして 特に語る必要を感じておりません

ゆえに、御希望には添いかねます事をご理解いただけますと幸いです。

コメントする

『誉田哲也』関連の記事