2010年10月 4日

藤井美菜 in 東方神起MV♪


昨夜、モノマネ番組を見ていて「どうして君を好きになってしまったんだろう?」という曲を気に入った。



歌詞の中の「君」という部分を私の場合「嫁」に置き換えてみる。


すると、「どうして嫁を好きになってしまったんだろう?」となり なんとなく私の心情にハマる。


その最初のフレーズだけを繰り返し歌ってみると なんか、私のテーマ曲じゃないか?とさえ思えてくる。


で、いろいろと個人的に調べてみた。


まず、歌詞のその先を聴いていくと...


『どんなに時が流れても嫁はずっとここにいると思っていたのに...』


「あれ?」って感じになる。


この曲の歌詞って よくよく最後までじっくりと聴いていると これって彼女だと思っていた女の子を他の男に奪われ、それでも君の幸せを願ってる...という 実にしょっぱいアンチャンの情けない気持ちなんだな(苦笑)


そんな事に気づいたら ふと、映画「波の数だけ抱きしめて」を思い出す。


映画「波の数だけ抱きしめて」では冒頭とエンドのシーンのバックに松任谷由実の曲が流れ それはそれで巧くハマっており この映画自体が私のお気に入りの一本なわけだが...


たまたま この曲のMVを発見したから貼っておくので御参照いただけるとありがたい



「ほぅ、藤井美菜じゃん...」


...なんて思いながら このMVを眺めていたら映画「波の数だけ抱きしめて」の冒頭の教会のシーンによく似たシチュエーションを見つけ さらに懐かしくなった。


まぁ、見比べても仕方がないのだが 男は「織田裕二」の映画での演技の方が巧いと思ったが、新婦はこのMVの「藤井美菜」の方がはるかに良い表情の変化だと思った。


特に、(男を見つけて)驚き、ちょっと戸惑いながら、軽く笑顔、そして新郎を見て さらに良い笑顔... という変化だ。


元彼には残酷な笑顔だが、シーンとしては秀逸だ。

コメントする

『最近の曲』関連の記事