2010年5月 1日

世良公則&ツイスト


70年代後半 よく有線やラジオから流れていたのを聴いたものだ。



【この記事は2005年2月2日に掲示したものを 今回、リメイクし掲示し直すものです。】




知らない間に いつの間にか歌詞を覚えてしまっており、今でもアカペラで歌えたりする。


私の場合、最近では行かなくなったカラオケで ふと、気が向いて歌ってしまう曲のひとつが世良公則&ツイストの「宿無し」だ。


思いっきりテンションを上げて 恥ずかしい…なんて感情を無視してブチ切れて歌う。


それが「宿無し」の基本である。


世良公則&ツイストの曲は 間違い無く1970年代末期を飾る曲だと私は思う。


と言っても、その時代を過ごした者じゃなければ理解も納得も出来ないだろうけどね。^^


「宿無し」




「銃爪」






「あんたのバラード」

コメントする

『私にとっての懐メロ』関連の記事