2010年3月17日

radiko.jp


虎馬さんのブログの記事を拝読して…



何故だか判らないんだけど、遠い昔の事を思い出した。


中学生の頃、夜中の受験勉強の時には「ラジオを聴きながら」というのが普通で いくつか人気番組があり、その番組にリクエストとか応募の葉書を送って間違ってそれが番組内で読まれた時には 翌日、クラスでは大騒ぎ…みたいな事が よくあった。


ただ、当時の札幌においては(AM波は今でも変わらないけど) NHKを除くとSTVという局とHBCという局の民放局が二つだけで それぞれが、ニッポン放送や文化放送といった関東圏のキー局の番組と自局のローカル番組とを織り交ぜて放送していたのだが…、


中には「アタックヤング(STV)」の様に思い出に残る良い番組もあったが、基本的にローカル局では地元局のアナウンサーが独りよがりにやってる番組が編成されていて、関東圏の局だと人気アイドルの番組や 番組そのものが活気があって面白いものが多かったが、その殆どを札幌では受信できなかった。。


で、今とは技術的な事とか 普及していたラジオ受信機の性能、それと放送の受信可能な圏内などに大きな違いがあったけれども、気象状態などによって 本来は聴けない関東圏の放送でも夜間だと札幌でも雑音混じりではあったけど受信出来る時があり、そんな時は喜びながらカセットテープに録音してクラスの友人達と交換し合って聴き楽しんだものだ。


虎馬さんのブログの記事を拝読し、


「あぁ、これで札幌でもノイズ無しに文化放送やニッポン放送が聴ける時代になるんだなぁ…」


そう、思ってリンク先をクリックしてみたら…


radiko.jp


まだ時代は変わってなかったよ。 orz

コメント(2)

ドンマイ^^;

★ 虎馬 さん

フンッ!!

コメントする

『雑記』関連の記事