2010年1月 7日

サラ・ブライトマン


ちょっとメモ代わりに記しておこうと思う。



かつて、2005年1月21日に


タイム・トゥ・セイ・グッバイ


という記事を記したが、今回 映画「アマルフィ」を見ていて彼女の健在ぶりが嬉しかった。


とかく、こまっしゃくれたアイドル歌手を「歌姫」とか安易に形容するケースが散見するが サラ・ブライトマンこそ真の意味での「歌姫」である事は 彼女のCDを聴けば誰もが納得すると思う。


「アヴェ・マリア」




で、個人的な話で恐縮なのだが…


先頃、「宇宙戦艦ヤマト」の新作映画が公開されたそうで その番宣番組や、正月の深夜映画で放送された1977年に公開された劇場版「宇宙戦艦ヤマト」を見ていて…


おぼろ気な記憶では「スターシャのテーマ」って題がついていた様に思うのだが



私は このスキャットが大好きで レコードを購入していたのだが…


ふと、サラ・ブライトマンの歌声で この曲をやってもらったらどうなるのだろう?と夢想する。


コメントする

『私にとっての懐メロ』関連の記事