2009年10月 6日

「座敷わらし」の宿全焼


昨日の夕方、TVでニュースを見ていて知った。



座敷わらし

座敷わらし


古くからこのブログを御愛読頂いている方ならば御記憶にあるかと思うのだが、『短小説「北斗星」の記事』の中で「座敷わらし」について語った様に 私は個人的に「座敷わらし」について思うところがある。


ゆえに、このニュースを見ていて なんか他人事の様に思えない。


ちなみに、我が悪友「気の弱い弁護士」は この宿に昨年の春、宿泊予約を入れていたが「2年先まで一杯です」と言われ ようやくとれたのが来年春だったのだが…

コメント(2)

ようやく「北斗星」(コメントも含めて)読破しました。
読んでからここに書き込もうと思ってかなり時間が経過してしまいました・・・

座敷わらしの宿の存在は知っていたので、新聞のかなり小さい記事でも目にとまりました。
「北斗星」・・・ぶたねこさんには、誰にでも体験できないことが
起きてしまう「何か」があるんでしょうね。
そして「北斗星」登場人物なども引き寄せてしまうんでしょうね。
だから、このようにブログなどで 体験を発信していただけるのは とてもありがたいです。
喫茶職安のことも、同様な気がしています。

座敷わらしは ぶたねこ家に 居てくれていると思います。勝手にそんな気がしたので
またまた 書き込んでしまいました。

読んでいただきありがとうございます。

★ もじっこ さん

我が家にいるのは 本当に座敷わらしなんでしょうか?

嫁が言うには 世帯主が疫病神なんで「足して二で割った様な感じ」と言ってます。

コメントする

『短小説「北斗星」』関連の記事