2005年4月30日

雑感(4月30日)


本州方面ほどではないが、札幌も ここ数日 温かめの日が続いている… と言うわけで、つい先日 今年初のゴルフ(in北海道)に行ってきた。



一緒に コ-スに出たのは「アキバ系研究員を束ねた某国立大学理工学部教授」「易者の様な診断しか下さない2代目開業医」の2人


3人とも 冬の間、まともにトレ-ニングなんかしてないから、スコアはグチャグチャ、身体はガタガタである^^;


まぁ、年の最初のゴルフなんて 毎年、そんなものである。


真剣にスコアメイクを考えるなら 冬の間も素振りや筋トレ 室内での打ちっ放しを繰り返して 体力アップをはからくちゃいけないのだが、プロ・ゴルファ-じゃ無いのだし、 そんな真似を続けたら 逆に身体を壊してしまう。


市内から車で30分走ったところのゴルフ場、1番ホ-ルは ロングの思いっきり打ち下ろしである。


ティ-グラウンドだけが小高い土手になっており… ロケ-ション的には ウルルの高台に(本当は絶対に見える筈ないのだが) なんとなく立った様な気がして、芝を ちょっとむしって宙に放りながら 風を読もうとしていたら、つい…


「なかなか 来ないねフォロ-の風」


と、つぶやいている私。


すると幻聴で


「まぁまぁ…、気楽に打とうよ」と 


アキ(綾瀬はるか)の声が聞こえたような… 気になる。


そんな「セカチュ-症候群」真っ只中の自分が ちょっとお茶目だなぁ… なんて放心してたら


「お客さん 早く打ってくださいね、今日 混んでるから スタ-トが詰まっちゃう…」


と、現実に引き戻す ババァのキャディ(怒)


思わず、撒くはずの芝を握りしめ「アキ---ッ」と叫んだところで BGM「朔と亜紀」4分22秒目からの盛り上がりONの筈が…


キャディのババァの ドスの利いたダミ声で


フォア-


「あぁ~お客さん あそこOBだから、打ち直して…」

(クソォ・・・ このゴルフ場 二度と来ねぇぞ… と、心に誓う私であった)


まぁ、ゴルフの話はどうでもいい。

(スコアも良くなかったら もう忘れたし…)


クラブハウスで一風呂浴びて 軽く、食事も取り 普通だったら時間的に余裕もあるから 

「もうハ-フ(半分の9ホ-ル)まわる?」


って感じなのだろうけど さすがに年の最初のゴルフは 運動不足がたたってキツイ。


「じゃぁ、ウチに寄ってけよ」


という「易者の様な診断しか下さない2代目開業医」の誘いにのって 連れてかれたのは彼の病院。


彼の応接室で ソファに座りながら3人揃って 点滴を打つ。


何故か 医者って、「ちょっと一服」って感じで点滴を打つんだよね。


でも、気のせいか これが効くから不思議である。


で、点滴を打ちながら タバコを吸いつつ雑談の席で…


私「あのさぁ ”風の盆から”ってタイトルで NHKで放送したドラマに ”綾瀬はるか”が出てるんだって…」


というと


「アキバ系研究員を束ねた某国立大学理工学部教授」と「易者の様な診断しか下さない2代目開業医」は 二人とも急に目をキラッと輝かせ 聞き耳を立てる。


私「脚本が 市川森一で 音楽が 久石譲なんだってよ」


開業医「ホントに?」


教授「そりゃ それだけで良さそうな感じが…」


私「でね、このドラマDVD化されてなくてさ… 観たいんだけど観れないんだよ」


開業医「NHKで間違い無いの?」


私「ウン 2002年の10月放送 ハイビジョン専用だったみたい」


すると、開業医は やおら机の上の電話を取り、どこかに電話をかける。


開業医「あぁ~ どもども、***病院の院長の”易者の様な診断しか下さない2代目開業医”です ええ、」


(間)


開業医「あぁ、**クン? どもども いつも御世話になって…。 

いや、この前のアレ なかなか良かった。 

ウン 僕の方からも医師会に ウンウン ちゃんとプッシュしといたから ウンウン…

ところでね、ちょっと聞きたいんだが…」


(間)


開業医「いやぁ 私が大変御世話になっているスジでね ちょっと捜し物をしていて…

ウン 2002年の10月にNHKのハイビジョンで放送されたドラマを 誰かビデオ録ってないかなぁ?って事で…


そうそう、うん これがさぁ大変、御世話になってる方で、そうそう ここでビデオが手に入れば この前の 医師会への企画書… 

ウンウン…、そんなもん 一発で通っちゃうんじゃないかな… 

え? 探してみてくれる? 

そう、悪いね”風の盆から”ってタイトル 市川森一脚本だって


うん、じゃ期待しないで待ってるから宜しくね」


【筆者注】私は医師会とは何の関わりもなく影響力など持っていない。 上記の開業医の台詞は 開業医が咄嗟に喋った でまかせである


気づくと「アキバ系研究員を束ねた某国立大学理工学部教授」も どこかに携帯で電話している。


教授「そうそう おたくも天下の**電器さんなんだから、ビデオ事業部だってあるわけでしょ?、関連会社には ユニバ-サルなんとかって 映画ソフトの会社もあるわけだし… ちょっとパワ-使って探してみてよ。

いや、実際こんな事は言いたくないんだけど 僕はね オタクのとこの機材で 今度の研究をGOしたいんだけど、研究員達がね ***(某電器メ-カ-)の機材の方が 値段が安いから 浮いた分で他の機材…って声もあるのよ。

そうそう、だから ここで 一発、そっちが気合いを見せてくれたら 私としては決めやすいんだけど… どう? え? 探してくれる? あ、そう… 悪いね 

じゃ、駄目でモトモトって事で 楽しみにしてます。ウン」


「アキバ系研究員を束ねた某国立大学理工学部教授」と「易者の様な診断しか下さない2代目開業医」は それぞれ電話を終えると


開業医「どっちが 先に手に入れるか勝負だぞ」


教授「よし、負けた方が 今度のゴルフ代おごりな」


正直に告白する… 


私は こういう展開になる事を狙って話を投げたのだ^^;


開業医が電話をしたのは 製薬会社の営業、教授が電話したのは 研究室に出入りする機器メ-カ-の担当者


どちらが勝っても 私はビデオを観れる… そういう寸法だったのだ。


結論から言う。


開業医の元に 翌日、担当者から電話が入り、


「大阪本社で物を見つけました。 出来るだけ早く送るよう手配しましたが 2日下さい」


教授の元には 翌々日、電話が入り


「福岡から航空便で送らせましたので 明日、お届けします」


そして、勝負は引き分けに終わり、今 私の手許にはダビングされた1本がある。


これが、正しい日本の大人の あるべき姿か否かは 大いに疑問だが…


これが、悲しいかな 日本のひとつの現実の姿なのである。


さぁ「風の盆から」 いつ観ようかなぁ…


無責任な私は それしか考えていない^^



コメント(4)

だ、だ、ダビングしてくださーーーーいっ!><

磯野カツオばりの悪智恵・・・いやいや才覚を見てしまったです。(* ̄m ̄) ププッ

こんなことここで書くのはどうかと思いますが、もう書かれてるし、あえて・・・

ダビングして~~~~~~_| ̄|○

(V)o\o(V)ふぉふぉふぉ(V)o\o(V)

今晩は、ブタネコさんおじゃまします。

引き続き、『ダビングして~~~~~~_| ̄|○』

とは言いにくいので、『takuさん、ブログでたのむ……_| ̄|○』と、場違いながらお願いします。

ところで、またNHKはブタネコさんから受信料を支払ってもらえませんでした?。(=`ェ´=)

>taku さん
>Wen さん
>光太郎 さん

コメントありがとうございます。

ダビングに関しましては 個人的には「いいよ~」と申し上げたい
のですが、この場合だと 著作権法上の問題が生じる可能性が
(私の場合は もう生じている…という噂もありますが^^;)
ありますので 大変、心苦しくはありますが、どうか御容赦願います。^^;

ちなみに 今回の件で 私がNHKに受信料を支払う義理は無いと
個人的に考えております。

だって、みんな(?)が見たい番組を再放送しない会社に 誰が
ロイヤリティを払うか? と。

コメントする

『雑記』関連の記事