2016年3月19日

さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~


SPドラマ「さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~」を見た。





さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~


冒頭にてお断り申し上げておくと、私はこのドラマ版「さよならドビュッシー」を見始めてから見終えるまでの間、どうしても以前に見た映画版「さよならドビュッシー 」を思い出し ついつい見比べてしまっていた。


ゆえに、以下の感想はそういう前提で記したモノだと御理解願いたい。


まず、このドラマの原作に関して 私はミステリーだとかサスペンスを狙いながらもそれには成功しなかったクソだと感じている。


それに対して、映画になった「さよならドビュッシー」は登場する橋本愛と相楽樹が演じた二人の少女が我が家の二人の娘に投影し私は泣かされ そんなに出来の悪いモノじゃ無かったと感じてはいるが それ以外は褒められたものでは無いとも。


で、今回のドラマ版「さよならドビュッシー」だが...


さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~

さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~

さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~

さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~

「黒島結菜」は伸びてきたなぁ...と実感出来 とても良かった。


しかし、あまり誰も触れようとしないんだけど この「さよならドビュッシー」というストーリーのカギというか肝は


さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~


もう一人の女の子「ルシア」を誰がどう演じるのか?にあると私は考えるわけで 映画版の「相楽樹」はとても素晴らしかったが このドラマ版の「上白石萌歌」も とてもツボを押さえていて 後半での映像進展に大きな影響を与えている。


つまり、映画もドラマも 二人の少女の青春ドラマとしては高く評価したいと感じているが 全体のストーリーはどちらもクソに近い出来。


特に、ドラマ版はBGMが五月蠅すぎるのと乱用のしすぎで 肝心な時の音楽に新鮮味が欠けてしまったのが特に痛い。


さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~

さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~

さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~

さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~

さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~


コメントする

『黒島結菜』関連の記事