2016年3月21日

精霊の守り人 第一回


大河ファンタジー「精霊の守り人」第一回を見た。





精霊の守り人


精霊の守り人

「綾瀬はるか」が主演とあって どんなものかと楽しみにしていたが、予想以上の出来にビックリしている。


細かい文句を挙げればいくつかあるが「ファンタジー」という事で我慢は出来る。


あとは、藤原竜也と林遣都という最近では泣き叫ぶ演技しか出来なくなった二人が 最後まで泣き叫んでドラマ全体をぶち壊さないでくれる事を密かに願いつつ 同様の妻夫木とか三浦とか、最近「コイツが出たらクソドラマ」筆頭の吉田なんかが出てこない事も切に願う。




さて、


精霊の守り人


かつて、映画「ICHI」でアクション系の可能性を見せたまま天然ボケ発言ばかりを取り沙汰されてきた綾瀬はるかだが、やっぱこういうのイケるんじゃん。


まぁ、「八重の桜」でもそれなりに見せていたと指摘される方もおられるが 私に言わせればそっちは鉄砲持って走り回り煤けていただけで いわゆる「殺陣」の動きなんか感じなかったわけで 低音重視の姐さん言葉と相俟って このバルサ役はなかなか惹きつけるモノがある。


まぁ、あくまでも私の個人的願望を記しておけば とあるアニメが将来的に間違って実写化されるとするならば ドMなクルセイダー役は是非、綾瀬はるかが演じて欲しいと夢想しているのだが、そんな事はどうでもいい。


それと、このドラマが密かにNHKによる4K放送普及への布石なのだとするならば


精霊の守り人


こういうシーンをもっとふんだんに散りばめてくれないと困る。


精霊の守り人


「木村文乃」


コメント(2)

私も綾瀬はるかのアクションは楽しみでしたし、原作を昨年読了したばかりなのでタイムリーなドラマになりました。
真田丸も楽しく見てますが、正直、こちらの方を全50話の大河ドラマとして欲しかったくらいです(八重の桜が終わったばかりだから無理なのは承知してますが如何せん18話を3年に分けるのは長い・・・)。

★ たれくま さん

「坂の上の雲」は歴史がらみなのでなんとかなりましたが ファンタジーをぶつ切りに一年も間を空けられたら内容を覚えていられるか それ以上に それだけ我が身の寿命が持つか心配です。


コメントする

『精霊の守り人』関連の記事