2016年3月 6日

第39回 日本アカデミー賞


毎年恒例の業界人による内輪の自己満足映画賞番組が放送されたので見た。





日本テレビ・アカデミー賞


日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞

日本テレビ・アカデミー賞


毎度の事だが、誤解の無いように先に断っておくと 私は私が個人的に気に入っている俳優や映画の評価と この番組の評価と違っていても それはそれでどうでも良いと思っている。


なにせ、私の評価ってのは私の個人感であって他人に押しつける気は毛頭無いからね。


今年は一見して「日本テレビ」がらみの作品が受賞作になっていないように見受ける向きもあるらしいが 私に言わせれば、日本テレビがらみの映画が単にクソばかりで話にならなかっただけの事。


そのぶん、東宝、東映、松竹といった大手映画会社や 映画の内容よりも出演者個々に対する某TVの思惑が配慮がたっぷり反映されている様な匂いがプンプンと香り、コレ本当に全部の映画をちゃんと見て決めてるのか?という疑問は例年以上に強かった。

コメント(5)

ブタネコさん、こんにちは^^

まあ、そうなのかもしれません^^;

とは言うものの。

自分の一押し作品から2つも最優秀賞が選ばれたことは、そんな内輪のノリの世界に空いた小さな小さな風穴だと信じることにします^^
特に脚本賞。

こんばんわ。光一です。

こういう受賞の評価って偏りが無い……とは言い難いかなと。
放映している局絡みに評価が偏っても不思議では無く……それ以上に、映画を見て決めているのかどうか……選考課程が実際にはよく見えないワケで、そういうのが分からないですよね(汗)

★ slan さん

>小さな小さな風穴だと信じることにします^^

どうですかねぇ…^^;


★ 光一 さん

まるで日本の映画に対する最高の賞みたいな振る舞いに吐き気がします。

コメント失礼いたします.

私自身,結局自分で見て,自分で評価すればよしと思っています.勿論私のスタイル,評価で他の方に押し付けるつもりは毛頭ないです.

私自身,人間ができていないせいか,自分が評価した役者の演技や作品が賞をもらえると嬉しい面は否定できないですが.

これは日本テレビが作成したショーというか日本テレビテイストのエンターテイメントと割り切っています.

★ すぎこう さん

その通りだと思います。

コメントする

『2016年公開映画』関連の記事