2016年1月11日

真田丸 第1回


2016年大河ドラマ「真田丸」の第1話を見た。





真田丸


真田丸

「堺雅人」


真田丸

「大泉洋」




以前、何かの記事に記した事だが 最近の三谷幸喜脚本にはたまに意味も無く笑いを誘をうとする傾向があり、それが妙に鼻につくことが多いので それが薄い事を祈りながら見ていたのだが...


まぁ、そんな事はどうでも良い。


第1話において感じた事は


真田丸


「武田勝頼」の人物像に関しては諸説色々あり、信玄という偉大な父とは比較にならないボンクラという人もいれば、聡明で優しい性格だったが武人としては失格とか


同様に「真田昌幸」の人物像に関しても諸説色々あるけれど 往々にして権謀術数にたけた人物というのは共通で であるがゆえに、新府城をおちる勝頼に岩櫃城に来るよう誘ったとか、誘わなかったとか


で、この真田丸での解釈は私の朧気な記憶では新田次郎「武田勝頼」で描かれた『岩櫃城に来るよう誘ったが、勝頼は小山田信茂の裏切りに合う』に「勝頼は真田に筋を通す」描写が付加されていた事に 私は個人的に満足を覚えている。


余計なお世話だが、と同時に どの書だったか思い出せないのだが、「勝頼を見限った真田昌幸が家族や家人を引き連れて自身の領国に帰陣したため 勝頼はやむを得ず未完成のままの新府城を離れたが 昌幸が裏切ったならば自分もと考えた小山田信茂の策略で最期を遂げる...」なんて解釈のものもあったと記憶する


まぁ、それだけ真偽の程が定かでは無いだけに いかようにも想像なり解釈が出来るという事だろう。


コメントする

『真田丸』関連の記事